2017年11月17日の太陽Hα画像とNik HDR Efex Pro 2 のテスト-3

うっかり下書き保存して公開したつもりになっていました。下の記事は昨夜書いたものに若干追記したものです。

出勤前に撮影しました。

1.活動領域12687付近のPSTによるクローズアップです。
  20171117-1  20171117-2
 左画像はいつもの処理方法、右の画像はNik HDR Efex Pro2を通して仕上げたものです。Nik・・・を通した右の画像は、各設定を細かく調整して、出来るだけリムに向かって奥行き感が残るようにしたものです。
 12687の黒点は細かく分裂したようにも見えますが、SDO HMI Intensitygramを見ると、実際はブリッジが出ていて、見かけ上多数に分離して見えているのではないかと思います。

2.新しい活動領域(12688と付番されました)
  20171117-3
 撮影中に、小さいが明るいプラージュのある領域が出現しているのに気付いて撮影しておきました。(画像の中央)後で調べてみると、小規模な双極性の黒点群が見えているのが分かりました。感じとして、もう暫くは状態を維持しそうなので、明日には活動領域番号が付番されるのではないかと思います。(12688と付番されました)

3.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20171117-4  20171117-5

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20171117-6  20171117-7
 南西のリムに見えていたプロミネンス(右の画像)はあまり明るくありませんが、結構大きなものでした。そのプロミネンス画像をNik HDR Efex Pro2で処理すると下のような画像が出来ました。今後、チャンスがあれば、もっと薄いプロミネンスで試して見ようと思います。
  20171117-8
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 10:56 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2017年11月16日の太陽Hα画像とNik HDR Efex Pro 2 のテスト-2

出勤前に撮影しました。

1.活動領域12687付近のPSTによるクローズアップです。
  20171116-1
 期待通りの活動領域が出て来ました。

2.Nik HDR Efex Pro 2 のテスト
 上の画像の元画像を、彩層面とプロミネンス共に見えるように調整してみました。
 左の画像は、Nik HDR Efex Pro 2によるもので、今回は設定をかなり触ってみました。
 右の画像は、Photoshop CCのトーンカーブの調整のみで作ったものです。ただし、所謂Nカーブを適用したものではありません。
  20171116-2  20171116-3
 Nカーブを適用せず、通常のトーンカーブの調整のみで彩層面とプロミネンスを同時に見えるようにする場合、かなりコツがいります。それに加えて、元画像によっては、思ったほど上手くいかない場合もあります。また、私の調整方法で避けられないものとして、リムに近い彩層面のコントラストが落ちてしまいます。
 どの方法が良いと思うかは、調整する人の感覚によって異なると思います。

3.プロミネンスのクローズアップ
 今回のプロミネンス画像は、全ていつもの方法で仕上げました。Nik HDR Efex Pro 2 は使っていません。
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20171116-4  20171116-5

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20171116-6  20171116-7


テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:49 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2017年11月13日の太陽Hα画像とNik HDR Efex Pro 2 のテスト

9日ぶりに撮影しましたが、この間、無黒点状態が続いていたようです。
今日も黒点は見えていませんでしたが、東のリムから黒点を伴っているかも知れない領域がまもなく見えてきます。
大したものは見えていませんでしたが、今回は、いつもの処理とNik HDR Efex Pro 2で処理したものを比較してみました。

1.ダークフィラメントのPSTによるクローズアップです。
 左がいつもの処理による画像、右がNik HDR Efex Pro 2で処理した画像です。Nik HDR Efex Pro 2の設定はDefaultを適用したものです。
  20171113-1  20171113-2

  20171113-3  20171113-4
 プロミネンスが出ているときには Nik HDR Efex Pro 2で処理すると、彩層面とプロミネンスを同時に見えるようにすることが簡単になりそうです。もちろん、プロミネンスが全く記録されていない画像では、見えるようになりません。また、設定は画像により調整することが必要になりそうです。(当然か)
 プロミネンスにこだわらないときには、私の感覚では、いつもの処理の方がしっくりきます。

2.プロミネンスのクローズアップ
  プロミネンスの画像も、左がいつもの処理による画像、右がNik HDR Efex Pro 2で処理した画像です。
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20171113-5  20171113-6
 左の画像中、矢印の先あたりから、時々、ごく小規模なサージのように見えるものが出ていました。この付近から、次の活動的な領域が見えてきます。この記事を書いている時点では、まだ黒点は見えていませんが、領域の全体が見えるようになる明日以降に期待しましょう。

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20171113-7  20171113-8

  20171113-9  20171113-10

 Nik HDR Efex Pro 2でプロミネンス画像を処理すると、設定がDefaultでもそれなりに効果はありそうです。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:27 |  太陽Hα画像 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2017年11月4日の太陽Hα画像

岡山で撮影しました。
今日の岡山は、朝は晴れていましたが、撮影が終わった後で曇ってしまいました。しかし、夕方になって晴れて来て、今は良く晴れています。

1.活動領域12686付近のPSTによるクローズアップです。
  20171104-1
 あと少しで西のリムです。

2.黒点が一緒に出てくることを期待していた領域のクローズアップです。
  20171104-2
 昨日から見えている領域です。裏面のチェックをして、めちゃ期待していたのですが、残念ながら黒点は伴っておらず、思ったほど活発ではありませんでした。このまま消えていくのか、それとも、今後発達するのか、暫く見えていようと思います。

3.プロミネンスのクローズアップ
 今朝は、北東、南東、北西、南西の各リムに、それなりのプロミネンスが見えていました。このうち、北東のリムに見えていたプロミネンスは撮影後10時間ほど経過した今では、ほぼ消えて、替わってダークフィラメントとして見えるようになっているようです。
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20171104-3  20171104-4

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20171104-5  20171104-6


テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 19:19 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2017年11月3日の太陽Hα画像

岡山で撮影しました。
雲があるものの、今日の岡山は、1日良く晴れていました。
東のリムから活動的な領域が出てくるのを待っていたのですが、どうも、黒点は伴っていないようです。本日、プラージュだけの、比較的小規模の領域が出てきました。

1.活動領域12686付近のPSTによるクローズアップです。
  20171103-1
 今見えている領域で活動領域番号が付いているのはこの領域だけです。連休中に、西のリムに沈んでしまいそうですね。

1.プロミネンスのクローズアップ
 今朝は、北東のリムと北西のリムに見応えのあるプロミネンスが見えていました。

 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20171103-2

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20171103-3  20171103-4


テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 17:37 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会と会員諸氏のHP、blogへのリンクです
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード