FC2ブログ

2019年10月13日の太陽Hα画像

昨日(10月13日)撮影した太陽のプロミネンスの画像です。
暫くの間はDayStar Filters のOriginal Quark (Prominence model)で撮影したテスト画像としての太陽のHα画像を掲載すると思います。
13日は台風が去った直後と言うこともあって、シーングは最悪(冬でも見ないような、まるで、大量の踊る泡を通して見ているような感じでした)で、さらに、雲が写野に重ならない状態が10秒程度も続かないような酷い状態だったので、13日は、とりあえずカメラを傾けることにより、干渉縞が写り込まなくなることのみ確認しました。

1.10月13日に撮影したプロミネンスのクローズアップ
  20191013-1  20191005-1
 右の画像は10月5日にカメラ傾けないで撮影した画像(SHARPSTAR60ED+ASI120MMs+Original Quark プロミネンスモデルで撮影)で、干渉縞が見えています。左の画像は、13日にカメラを傾けて撮影したもので、干渉縞は見えていません。
 カメラを傾けるのに使ったアダプタはZWOのTilterです。本来ならば、干渉縞が消えるぎりぎりの傾き角を探したいところですが、今回は、安定して晴れなかったので、1発勝負で、効果を見ることにして、可能な限りカメラを傾けた状態で撮影しました。結果、うまく干渉縞は消えてくれました。



テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 12:31 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2019年10月5日の太陽Hα画像

消費税増税前夜、いろいろと拾いました。玄関先に落ちていたり、家の中に落ちていたり・・・・
天文系の拾いものはかなりの大物が多いのですが、例外的に小物に見える、脱PST宣言をするのにちょうど良いものも拾ってしまいました。(下の写真です。高そう・・・)そう言えば、こいつを動かすためのモバイルバッテリーも拾ったな・・・
  20191005-4  20151005-5
 本日は岡山で、こいつのファーストライトです。

1.DayStar Original Quark Prominence model+Sharp Star 60EDによるプロミネンスのクローズアップ
 私の場合、PL25mmを使うと太陽全景を見ることができます。本日出現していたプロミネンスも明るく見えました。
 撮影については、望遠鏡の焦点距離が、Quarkに内蔵されている.4.2倍のバローによって1386mmになるので、かなりの拡大率になります。ASI120MM-Sで撮影した画像が下の画像です。今後、焦点距離のもっと長い光学系も試すと思うのですが、どんな感じに写るか楽しみです。

  20191005-1  20191005-2

  私の拾ったQuarkはProminennce モデルですが、透過帯域の半値幅が少し広めなだけで、彩層面の撮影にも十分使えます。
ただ、無体策で撮影すると干渉縞が激しく発生しますので、カメラを少し傾ける必要があります。(干渉縞は、もちろん、プロミネンス撮影時にも発生します。)そのためのアダプターも拾ったのですが、うっかり、京都に忘れてきました。そのアダプター無しで撮影すると下の画像のよう干渉縞だらけの画像になってしまいます。(下の画像は活動領域12749付近です)

  20191005-3

私が使っているPSTでも干渉縞は激しく発生するので、対策としてカメラを傾けてました。ただし、PSTの場合には、余計なアダプターをカメラの前に挿入することはできませんので(合焦しなく(し辛く)なる)、アイピースプロジェクションアダプターの持っているアソビの範囲でカメラをできるだけ傾けて固定していました。

2.ASI120MMとWindows10のその後
 上にもちらっと書きましたが、一番軟弱な対策を導入しました。つまりカメラをASI120MM-S(I/FはUSB3です)に替えました。これで、問題は無くなりました。(確認済み)
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:53 |  太陽Hα画像 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2019年9月16日の太陽Hα画像

 連日良く晴れますが、太陽表面には活動領域や、発達して活動領域になりそうな領域はありません。最近はプロミネンスも薄いのしか見えなくなった感じがします。

1.本日見えていたダークフィラメントのPSTによるクローズアップです
  20190916-1
 9月12日頃から南東のリムに見えていたプロミネンスがダークフィラメントとして見えています。が、ゴミみたいですね。
 このダークフィラメント以外に、北半球の南中直前の位置に別のこじんまりしたダークフィラメントが見えていました。

2.プロミネンスのクローズアップ
【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20190916-2 20190916-3

【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20190916-4
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:13 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2019年9月14 日の太陽Hα画像、ASI120MMとWindows10の問題-その後

太陽面に活動領域は全く現れなくなっており、薄ーいプロミネンスが少し見えているだけです。
又、ASIカメラのWindows向けのデバイスドライバの新しいバージョンがダウンロード可能になっており、早速ダウンロードしてインストールしましたが、結果は・・・。

1.プロミネンスのPSTによるクローズアップ
【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20190914-1  20190914-2
本日は北西のリム、南西のロムにもプロミネンスが見えていましたが、PSTにとって薄すぎるか小さすぎたため撮影はしていません。

2.ASI120MMとWindows10の問題-その後
 新しいデバイスドライバVer3.0.0.6がダウンロード可能になっていましたので、早速ダウンロードしてインストールして動作を見てみましたが、何も変わっていませんでした。
 どのような接続で動作不良が起こっているか、改めてまとめてみると下記のようになります。
 Windows10機でASI120MM(or MC)などのZWO製のUSB2.0をI/Fに持ったカメラを使おうとしても、上手く動作しない。(USB3.0 (USB3.1 Gen1)はUSB2.0 の上位互換であるはずなので、USB2.0のカメラを接続するとUSB2.0のふりをして動作するはず。実際、Windows7で動作しているPCではそうなっている)
日本国内外で発信されているネット上の情報を見る限り、USB3.0にUSB2.0のASIカメラを接続しても動作しないことがあることが盛んに言われているようですが、私の場合は、接続するPC側のI/FがUSB2.0でも動作しません。また、AMDのプロセッサーで動作させているときに発生する動作不良対策としてカメラ側のFirmwareのアップデートを行うツールがダウンロード可能になっていますが(AMD・・・の説明が1週間前にあったはずの場所に、改めて、確認に行くと無くなっている。何で???・・・
 私が、実験的にQHYのQHY5LII(I/FはUSB2.0)をWindows10で動作している同じPCのUSB3.0(USB3.1Gen1),USB2.0のI/Fに接続しても、期待通り正常に動作する。さらに、同じPCのUSBのUSB3.1Gen2に接続してもQHYのカメラは動作するがASIカメラは動作しない。このことから、ZWOが提供しているASIカメラ用(USB2.0で接続するカメラ用)のデバイスドライバにはバグがあると考えるのが普通。
 私の場合、動作しないとはどのような状態であるかというと、まず、デバイスマネージャでデバイスのプロパティを見ても「このデバイスは正常に動作しています」と常に表示される。しかし、にもかかわらず、SharpCapでフレームレート(ウインドウの左下のあたりに常に表示されている)が異常に低い数値(たとえば0.3とか0.0など)で表示され、モニタしている映像が更新されないし、録画も出来ない。このときカメラを使用するソフトによっては、カメラの接続が認識できないこともある。
この状態は、SharpCapにカメラを認識させ(メニューバーのcamerasから接続しているカメラを指定して)、その直後はカメラが認識されて動作開始したように見えるが、即、動作が停止したように見えたり(フレームレートが上がらない・フレームレートの数値が異常な挙動を示す)、暫く動作を継続する(フレームレートの表示は正常、画像も更新され、録画も出来る)かと思えば、突然(何がきっかけか分からないまま)フレームレートが異常になって、画像が更新されなくなり、録画も強制終了されたようになる。
 しかし、色々と試しているうちに、SharpCapを使う限り、とにかく20秒から1分程度以上の間録画する(100%出来るとは言えないが)方法に気付いて、その方法を使って、動画を録画している。その方法とは、以下のような方法です。
1.SharpCapで、とにかく一度カメラを認識させ、撮影のための設定をする。
2.上記1が出来たときカメラが正常に動作していようが、異常な状態であろうが、関係なく、SharpCapのウインドウを最小化する。(最小化はウインドウの右上にある「 _ 」をクリックして行う)
3.タスクバーに表示されているSharpCapのアイコンをクリックしてSharpCapのウインドウを復元させる。(ウインドウを最小化する時、カメラが動作停止していたり異常な状態であっても、ウインドウを最小化した状態から、元のサイズに復元するときに、カメラは正常な状態に戻るようです。)
4.復元されたウインドウでフレームレートを暫く(1秒間程度~気の済むまでの間)確認し、異常が無かったら、撮影を始める。
5.状記4でカメラが動作異常を起こしたときには、上記2に戻り、以後4で確認するフレームレートに異常が見られないと納得・安心するまで繰り返す。

私の場合、以上のようにすることで、運が良ければ数分間は連続して撮影が出来ています。(今回や前回のプロミネンスの画像はそうして記録した動画から作成した。)

ソフトの動作を見ている限り、デバイスドライバに絡んだどこかが、メモリリークを起こしているように見えます。もしそうであれば、問題を解決するのは、かなりの時間を要すると思います。しかし、競合メーカであるはずのQHYでは、私の知っている限り、同じような問題は無いことを忘れないでほしいと思います。
 なお、この問題はUSB3.0のカメラでは起こらないと思います。(5モデルで確認しました。)
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 00:35 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2019年9月8日の太陽Hα画像、ASI120MMとWindows10の問題

約2ヶ月と2週ぶりの撮影ですが、本日は、残念ながらプロミネンスだけの撮影になってしまいました。

1.プロミネンスのPSTによるクローズアップ
【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20190908-1
 今の時期にしては、なかなか立派なプロミネンスですね。このプロミネンスは7日頃から見え始めていました。そろそろ終わりではないかと思います。

【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20190908-2
 本日の撮影時に見えていたプロミネンスはこれで全てだと思います。

2.ASI120MMとWindows10の問題
 太陽活動は極小期まっただ中で、次の活動サイクルが本格的に始まるまでに、機材そのほかの整備などをしようとしています。
その整備の中で、今まで使用していたWindows7機をWindows10 機に変えつつあります。太陽のHα画像や白色光の撮影に使用しているASI120MMを動作させているPCも、Windows7機からwindows10機に変えたのですが、どうも、Wondows10機でASI120MM(or MC)などのUSB2.0をI/Fに持ったカメラを使おうとしても、上手く動作しないようです。(PC側のI/FがUSB2.0、USB3.0共に動作しない)私の場合、最初は全く動作せず、思いつくままに試しているうちに、コツをつかんだのか、暫く(数百~数千フレームが記録される間)動作を継続させることができるようになったのですが、あくまでも「暫く」です。そのうち固まって動かなくなります。最新版のデバイスドライバ(Ver3.0.0.5 )はUSB3.0 のカメラ用とUSB2.0 のカメラ用がまとまって一つのドライバになっているのですが、この最新版で試しても、全くだめです。
ネット上で情報を探したら、当たり前ですが、海外でも相当困っているが、問題は解決していないのがよく分かりました。海外の情報として動作不良の原因はPCのH/Wにあるような趣旨の書き込みを見つけました。また、カメラのF/Wに原因があるような書き込みも見つけましたが、しかし、それ(PCのH/Wに原因がある)はUSB3,0が出始めの頃にあった問題(USB3.0 のI/FがUSB2.0をサポートできていないとだめなのに、実際はサポートできていないものが多い)に原因があって、その問題が今でも残っていているのでUSB3.0に接続すると動作しないと言いたげな感じがしましたが、これは、少なくともASI120MMの動作不良に関する限りは全くの間違いです。
 私の場合はPC側のI/FがUSB2.0に接続しても動作しないし、ファームアップも無駄でした。(ファームアップすると問題は解消するが速度が遅くなるみたいなことが書かれていたが、実際は、速度は落ちず、問題も解消しないのでした。)色々と試しているうちに、デバイスドライバが完成していないことが原因ではないかと思うようになりました。証拠は2つあるのですが、そのうちの一つは「QHY5LIIMをASI120MMが動作しないI/Fに接続してもハングアップしないで動作を延々継続する」と言う事実です。QHY5LIIはイメージセンサがASI120MMと同じ、I/FもUSB2.0でASI120MMと同じです。
 本日のプロミネンス画像は、Windows10機+ASI120MMで撮影したものですが、たまたまコツが上手く発揮できて撮影できただけのものです。(各画像は20秒長の動画をスタックして作成)
 とにかく、ZWOのソフトウエアのエンジニアは、早くデバイスドライバを完成させて、それを配布するべきと思います。また、完成したと判断する前の動作検証もきちんとしてほしいものです。

 

 
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:00 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード