FC2ブログ

2021年1月16日の太陽白色光画像

晴れそうでなかなか晴れませんが、今日(16日)は午後になって、どんどん流れていく雲の切れ間から太陽が短時間見えたので、デジ一をサッと出して手持ちで撮影しました。ちょうど15日の午後(日本時間15時過ぎころ)から双極性の黒点群として見えるようになっていた活動領域12796付近に見えている黒点群が写りました。久しぶりの黒点です。

  20210116-1
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:59 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2021年1月9日の太陽Hα画像

 本日は朝から快晴でしたが、やはり、シーングは冬らしく激しくユラユラしていました。
太陽面は、黒点がなくなり、黒点を伴っていないが活動的に見える領域が、東のリムから出て来たばかりのものと、西没前のものが1箇所ずつ見えていました。

1.出て来たばかりの活動的に見える領域
  20210109-1
 上の画像中○で囲った中の領域は活動的に見えますが、黒点は伴っていません。

2.プロミネンスのクローズアップ
  本日は、南東のリムに目立つプロミネンスが出ていました。それ以外に北西のリムにも小規模なプロミネンスが見えていました。北西のリムに見えていたプロミネンスは撮影しましたが、悪シーングかつ小規模なものだったので60mm屈折を通して撮影した画像は、画になりませんでした。

【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20210109-2  20210109-3



  

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:40 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2021年1月7日の太陽Hα画像

 天気予報はともかく、午前中は晴れていました。しかし、やがて雲が多くなり、撮影出来るようになったときには厚い雲と薄い雲が層状に重なっているような空でした。厚い雲の切れ間から撮影しようとしましたが、雲の動きが速く、結局撮影出来たのは一部のプロミネンスだけでした。そのプロミネンスの画像も、何とかプロミネンスが見えるのは西のリムに出ていたプロミネンスだけでした。東のリムには薄いプロミネンスが見えていたのですが、薄い雲を通した撮影では、画になるような撮影が出来ませんでした。
 と言うわけで、本日の画像は下の2枚だけです。

  20210107-1  20210107-2

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 20:36 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2021年1月4日の太陽Hα画像その2

 4日に撮影した残りの画像から全球Hα画像を合成しました。
SHARPSTAR60ED (f=330mm)を使ってもQUARKに4.2倍のバローが内蔵されているので、f=1386mmになり、モザイク合成して全球画像を得ようとすると、使うカメラによっては20枚以上(40枚以上が必要なカメラもある!)撮影しなければならず、あまり現実的とは言えませんが、カメラに使用されているイメージセンサがIMX174など受光面のサイズの大きなISが使用されているカメラを使うと撮影枚数を少なくして全球画像を合成出来ます。私の場合、所有しているカメラのなかでASI174MMcoolを冷やさないで撮影に使用すると、最小6枚の画像から全球画像をモザイク合成出来ます。

  20210104-4

まだムラが目立つので、対策を考えねばと思います。

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 22:03 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2021年1月4日の太陽Hα画像

4日は、ついに無黒点になったので、SHARPSTAR60ED+QUARKでHαのみ撮影しました。カメラはASI178MMに加えてASI174MMを使いましたが、先ず、ASI178MMで撮影した画像をアップロードしようと思います。

1.南半球のモザイク合成画像
  20210104-1
北半球には活動領域はありません。南半球に見えていた活動領域も12795だけで、それも西没直前です。

2.活動領域12795付近のクローズアップ
  20210104-2
 西没直前です。

3.プロミネンスのクローズアップ
 西のリムにしかプロミネンスは見えていなかったので東のリムの画像は省略します。

【西のリムに見えていたプロミネンス】
  230210104-3  20210104-3

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 22:26 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード