2017年7月20日の太陽Hα画像

出勤前に撮影しました。
またまた無黒点、無活動領域になりました。今回はいつまで続くでしょうか?


1.東のリムに沿ったモザイク合成画像
  20170720-1
 PSTで撮影した3枚の画像を合成しています。
 発達すれば活動領域になりそうな領域が写っていますが、どうなるでしょうね。

2.西のリムに沿ったモザイク合成画像
  20170720-2
 この画像も、PSTで撮影した3枚の画像を合成しています。

3.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20170720-3  20170720-4
 南東のリムには、非常に淡いが、撮影してみるとなかなかのプロミネンスが見えていました。

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20170720-5  20170720-6
  西のリムでは、沈んでしまった12665が発生源のように思えるサージが、まだ、見えているのではないかと思います。

  
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:42 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2017年7月18日の太陽Hα画像

出勤前に撮影しました。
晴れ間を探すのが難しいような天気が続いていますが、なぜか今朝も晴れ間があり、無事、撮影出来ました。

1.活動領域12665、12666付近のPSTによるクローズアップです。
  20170718-1
 活動領域12665は西のリムに乗っている状態です。そこからループ状のプロミネンスが出ていました。下のプロミネンスの画像を見てください。

2.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20170718-2  20170718-3

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20170718-4  20170718-5
 西のリムに出ていたループ状のプロミネンスは、なかなか見事ですね。


テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:58 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2017年7月17日の太陽Hα画像

今日は曇りで、影は諦めていたのですが、夕方になって、短時間、太陽が見えました。ただ、雲を通して見えていると言うのが正しいような見え方だったのですが、反射的にセッティングして撮影したところ、西のリムに迫っている12665付近は何とか写りました。しかし、まともな画が出来るはずもなく、ボケて、しかもラインノイズがしっかり乗った画にしかなりませんでした。

1.活動領域12665、12666付近のPSTによるクローズアップです。
  20170717-1
 お粗末な画ですが、12665はこれで見納めですね。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:05 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2017年7月16日の太陽Hα画像

今日の京都は、午後から暫くの間、撮影出来る程度に晴れました。

1.活動領域12665、12666付近のPSTによるクローズアップです。
  20170716-1
 12665は明日までは見えていそうですが、さて、晴れるかどうか・・・

2.活動領域12665の黒点(白色光)
  20170716-2
 昨日同様、SHARPSTAR60ED(f=330mm、F=5.5のED屈折)、PL12.5mmのアイピースプロジェクションでASI120MMで撮影しました。(下の白色光画像も同じ)

3.活動領域12666の黒点(白色光)
  20170716-3
 非常に分かり難いですが、画面の中央付近に、かろうじて超微小黒点が写っていますが、このまま消えてしまいそうです。

4.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20170716-4

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20170716-5  20170716-6

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:10 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2017年7月15日の太陽Hα画像

今日の京都は、朝のうちは雲が多いながらも何とか晴れていたので、午前中にHαでの撮影は終わらせました。午後から白色光での撮影をしようとしたのですが、薄いとは言いがたい雲が空を覆ってしまっていました。延々と待ち、何とか雲が薄い部分を通して12665に見えている黒点だけ撮影出来ました。

1.活動領域12665、12666、12667付近のPSTによるクローズアップです。
  20170715-1
 この画像は3枚のモザイク合成画像です。
 12667は残念ながらリムに掛かった状態で、殆ど分からなくなってしまいました。
 この画像中の12665はフレアの発生中に撮影したものです。そのフレアは日本時間で9時20分頃から始まり、ピークは9時28分頃だったようで、この画像は、ちょうどピークになったあたりで撮影しています。(ラッキーでした)
 下の画像は、上の画像の撮影から約11分後に撮影したものです。フレアが収まりつつあるのが分かると思います。
  20170715-2

3.黒点のクローズアップ画像(白色光)
  20170715-3
 SHARPSTAR60ED(f=330mm、F=5.5のED屈折)、PL12.5mmのアイピースプロジェクションでASI120MMで撮影しました。
 延々と待って、雲が薄くなったタイミングで何とか撮影出来ましたが、シーングはあまり良くありませんでした。

4.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20170715-4

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20170715-6  20170715-5

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 22:22 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会と会員諸氏のHP、blogへのリンクです
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード