FC2ブログ

2020年8月7日の太陽白色光画像

 今日は夏休み初日です。空の方は、朝からべたっとした雲が空を覆っていて、とても晴れそうに思えなかったのですが、夕方になって雲の隙間から太陽が見え始めたので撮影しました。しかし、白色光の撮影中に、再び大量の雲が出て来てHαでの撮影は諦めました。
 白色光で見た今日の太陽は、12770に出ていた黒点が目立っていましたが、撮影後に、南半球にも微小な黒点が出ているのに気付きました

1.全球白色光画像
  20200807-1
 画像中矢印の先に微小な黒点があります。

2.活動領域12770に見えている黒点
  20200807-2
 シーングも良くなかったので細かな黒点はぼけています。

3.撮影が終わった時の空
  20200807-3
 こんな空の状態でした。普通は撮影しないですね。。。
 明日は Hαで撮影出来ることを期待したいと思います。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 22:17 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年8月4日の太陽白色光画像

本日は白色光での撮影を終わったところで雲が出て来て、夕方まで曇っているので白色光だけでの撮影で終わりました。
8月1日に白色光で撮影した画像を掲載した記事の画像中に矢印で示した領域が活動領域12769と付番された直後に、その領域を追うような位置でリムの向こう側に突然活動的な領域が現れました。昨日には地球から見えるようになり、黒点を伴っているのが分かりました。その後、その領域は12770と付番されました。12769と12770はCycle25に属していそうです。
STEREO AHEADの画像を見ると、S20ぐらいの緯度に後3日ほどで地球から見えるようになりそうな活動的な領域が見えていますが、地球から見えるまで活動的な状態を保ってくれるかどうか・・・。

1.全球白色光画像
  20200804-1
 この画像はSHARPSTAR60ED+LV25mm+ASI178MMによるアイピースプロジェクションで撮影しています。

2. 活動的な領域がある付近のクローズアップ
  20200804-2
 この画像では分かり難い(殆ど分からない)ですが12769には微小な黒点が残っています。また、12768は東の端が写野の中に入っていると思います。
 この画像はSHARPSTAR60ED+PL12.5mm+ASI178MMによるアイピースプロジェクションで撮影しています。

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 17:51 |  天文 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年8月1日の太陽Hα光画像

昨日処理が終わらずアップロードしなかったHα光で撮影した画像です。
昨日8月1日の撮影時に見えていた北東のリム近くの白斑(Hαではプラージュが見えている場所)の中に、ここでアップロードする画像を撮影後に黒点が数個出現しました。黒点の出現は昨夜のうちにSDOの画像を見ていて気付いたのですが、8月2日になっても消えずに見えています。

1.活動領域12767付近
 下の左の画像は国際光器のSHARPSTAR60ED、右の画像はWilliam OpticsのZ103で撮影した画像です。
  20200801-4  20200801-5
左の画像の画像中の矢印の先に超微小黒点がありますが、8月2日までに消えてしまったようです。

2.活動領域12768付近
  20200801-6  20200801-11
  左:SHARPSTAR60で撮影 右:Z103で撮影

  20200801-7
  この画像はZ103で撮影
 画像中の矢印の先のプラージュ付近に黒点が出現しました。(黒点は、これらの画像の撮影時には無かった)

3.太陽の中央の微小黒点があった付近(微小黒点は、8月2日までに消えた。メチャ短命でした。)
  20200801-23  20200801-24
   左:SHARPSTAR60で撮影 右:Z103で撮影

4.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200801-8  20200801-9

 プロミネンスをZ103で撮影すると、下のような画像になりました。
  20200801-10


  20200801-12  20200801-13

 プロミネンス付近をZ103で撮影すると、下のような画像になりました。
  20200801-14


【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200801-15  20200801-16

プロミネンス部分をZ103で撮影すると、下のような画像になりました。
  20200801-19
  20200801-20


  20200801-17  20200801-18

プロミネンス部分をZ103で撮影すると、下のような画像になりました。
  20200801-21

【その他】
  20200801-22

  






テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 17:35 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年8月1日の太陽白色光画像

梅雨明け2日目も晴れましたが、午後からは雲が多い状態でした。
8月1日も白色光とHα光の両方で撮影しましたが、Hαの方はまだ処理できていませんので、とりあえず白色光の画像のみ掲載します。Hαで撮影した画像は後ほどアップロードします。
本日はZ103でHαの画像を撮影中に、太陽のど真ん中の小規模なプラージュが見えているところに微小黒点が出ているのに気付きました。白色光で撮影した動画は口径60mmの望遠鏡で撮影したのでダメ元で全球白色光画像の元動画を見てみると、太陽の中央付近に微小黒点が辛うじて見えます。その他にも12767に見えている黒点を拡大した動画の端にもそれらしき黒点が写っているのが分かりました。
その他、12768の後を追うように現れた活動的な領域は、8月1日の日本時間の日中はプラージュだけが見えていたのですが、日本時間の夜になって、少なくとも3個のしっかりした黒点が現れました。(SDOの画像で確認した)

1.全球白色光画像
  20200801-1
 上の画像中の①の矢印の先に微小ながら黒点があります。
 ②の矢印の先の白斑の中には、夜になって黒点が複数出現したようです。明日以降が楽しみです。

2.活動領域12767に見えている黒点
  20200801-2

3.活動領域12768に見えている黒点など
  20200801-3
 夜になって、矢印の先の白斑の中に黒点が出現しました。明日以降が楽しみです。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 00:22 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年7月31日の太陽Hα画像

7月31日の太陽Hα画像です。
南東のリムに立派なプロミネンスが見えていました。
最近は、Cycle25に属していそうな活動領域がよく現れるようになりました。と言うことは、太陽活動も極小を超えたのではないかと期待してしまいます。

1.活動領域12767付近のクローズアップ
  20200731-11
 西のリムが迫って来ました。

2.活動領域12768付近のクローズアップ
  20200731-5
 8月1日には、この領域の後を追うように、別の活動的な領域がリムを超えて見えるようになっていますが、残念ながら黒点は見当たりません。今後に期待です。

3.プロミネンスのクローズアップ
【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200731-4  20200731-5

  20200731-6  20200731-7
 GONGで見ることの出来る各天文台の画像ではこのプロミネンスは写野からはみ出しているものが多いです。

【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200731-8  20200731-9

  20200731-10  20200731-11








テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 14:00 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード