FC2ブログ

2020年11月23日の太陽白色光画像その2とHα画像

23日にデジ一の手持ちで撮影した後に、いつもの望遠鏡を通して撮影した画像です。今回は、主として白色光の画像と、Hα画像の一部を掲載したいと思います。Hα光での画像の残りは、次回に掲載したいと思います。
南西のリムから見え始めていた黒点は撮影中に全体が見えるようになったみたいです。あんなに大きな黒点が見えるようになったのは久しぶりです。

1.SHARPSTAR60EDで撮影した全球白色光画像
  20201123-1
 国際光器のSHARPSTAR60ED(焦点距離330mm)+ASI178MMで撮影しました。直焦で撮影しています。
 矢印の先から大きな黒点が出かかっているのが分かると思います。上の画像を撮影した時点では、まだ、黒点全体が見えているとは言えません。

2.12783付近の白色光でのクローズアップ
  20201123-2

2.12784付近の白色光でのクローズアップ
  20201123-3

4.12785付近の白色光でのクローズアップ
  20201123-4
 この画像に写っている大きな黒点は、よく見ると、全体が見え始めた直後だと思います。(微妙)
 これだけ大きいと、この黒点は、手持ち撮影にやさしい黒点です。

5.12785付近のHα光でのクローズアップ
  20201123-8
 矢印の先の黒点は、この画像では全体が見えているのではないかと思います。リム付近にあるので、何か吹き上がっているものが写るのではないかと期待していたのですが、この画像には何も写っていませんが、なにも吹き上げてはいない(静か)とは言えません。実際、GONGのアーカイブを見ると、タイミングによっては、サージが吹き上がっているのが分かります。

 
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 08:25 |  天文 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年11月23日の太陽白色光画像

23日の白色光画像です。E-620の手持ち撮影です。
今日は朝から雲が多くて風も強く、時折、時雨れています。ときどき雲が無くなるのですが、あっという間に雲が出てきて、落ち着いて撮影など出来ません。
太陽面は、南東のリムから黒点が1つ出て来て、さらに、その黒点の北東側のリムから、別の黒点が出かかっています。天気がどうなるか分からないので、とりあえず、デジ一の手持ちで撮影しました。

1.太陽白色光全球画像
  202011231222-1
 設定は、露出時間が1/640sec以外は、今までと同じです。
 画像中、矢印の先に、半分出かかった黒点が有るのですが、この画像では分かり難いですね。
by akita  at 13:07 |  太陽 white light 画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年11月21日の太陽白色光画像

E-620の手持ちで撮影しました。撮影地は岡山です。
南半球には活動領域12783付近に見えている黒点が目立っていましたが、北東のリムに近い位置には、新たに双極性の小黒点群が出現していました。その小黒点群が手持ち撮影で写るかどうか分からなかったのですが、意外と良く写りました。(下の画像中の矢印の先に小黒点があります。)

  202011121-1
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 22:00 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年11月19日の太陽白色光画像

11月19日の朝、出勤前にE-620の手持ちで撮影しました。
太陽面の活動領域12783付近に見えている黒点以外に、活動領域12782付近のすぐ北側に沿った領域に小黒点が出ていましたが、SDOで見る限り、寿命は短かったようです。


1.E-620で手持ち撮影した地用白色光全休画像
  20201119-1
 画像中、矢印の先に活動領域12782付近のすぐ北側の領域に見えていた小黒点が写っています。手持ちでその小黒点が写るとは思っていませんでしたが、露出時間を1/500~1/1600の間で変えて、各露出時間で4~6枚撮影して、小黒点が写っているものを探した結果1/500秒の露出時間で撮影したもののなかに1枚写っているのがありました。それが上の画像です。
 撮影情報は今までと同じですが、しばらく書いていないので、下記に記します。
  カメラ:オリンパスE-620
  レンズ:50-200ズームを200mmで使用
  その他:2倍テレコンを使用して合成焦点距離400mm(35mm換算800mm)
  レンズの合成F:7.0
  減光:バーダーのAstroSolar Safety Film (OD=5)
  ISO感度:100

 上の画像で、新たに出現した小黒点と、活動領域12782付近の位置関係がわかるように切り出して少し拡大した画像が下の画像です。
  20201119-2
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 08:40 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年11月15 日の太陽Hα画像

11月15に撮影した太陽Hα画像です。

1.活動領域のクローズアップ

【12781】
  20201115-4

【12782】
  20201115-5

2.北半球に見えていたダークフィラメント(の一部)
  20201115-6

3.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミンス】
  20201115-7  20201115-8

  20201115-9  20201115-10

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20201115-11  20201115-12

  20201115-13  20201115-14






テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 06:48 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード