FC2ブログ

2020年10月24日の太陽Hα画像

24日に撮影したプロミネンスの画像です。19日~23日には見事なプロミネンスが見えていましたが、24日には、それまで見えていた見事なプロミネンスは見えなくなっていました。

1.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20201024-7  20201024-8

  20201024-9  20201024-10

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20201024-11  20201024-12

  20201024-13  20201024-14




テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 10:10 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年10月24日の太陽白色光・Hα画像

24日の京都南部は午前中曇りで午後から晴れてくるような天気予報が出ていましたが、実際は朝から晴れていました。確かに午前中は、頻繁に雲が出て来ましたが、邪魔になるほどではありませんでした。
本日は、午前中にデジ一の手持ち撮影の練習をして、午後からは、いつも通り、白色光とHα光で撮影しました。
活動領域12776は西のリムに迫って来たものの、黒点は、消えずに良く見えており、北半球には23日朝(日本時間)から見えていた小黒点群は24日午後も微小な状態で辛うじて見えていました。

【以下1~4は白色光で撮影した画像です】
1.Olympus E-620の手持ちによる全球白色光画像
  20201024-1
 手持ち撮影では北半球の微小黒点は写りませんでした。

2.SHARPSTAR60ED+ASI178MMによる各色光全球画像
  20201024-2
 LV25mmを使ったアイピースプロジェクションで撮影しています。
 矢印の先に、北半球の微小黒点が辛うじて写っているような気がしますます。このような写り方の微小黒点はE-620の手持ち撮影ではさすがに写らないでしょうね。手持ち撮影で写すことは、光学系をもっと長焦点のものにしなければ無理と思います。

3.活動領域12776付近に出でている黒点付近のクローズアップ
  20201024-3

4.北半球の微小黒点付近のクローズアップ
  20201024-4
 この細かさでは、全球画像に写すのは厳しいでしょうね。
 なお、撮影時には微小な黒点が3個見えていましたが、この黒点群は、微小な黒点が出たり消えたりを頻繁に繰り返していました。

【以下SHARPSTART60ED+QUARK+ASI178MMで撮影したHα画像です】

5.活動領域12776付近のクローズアップ
  20201024-5

6.北半球の微小黒点が見える領域付近のクローズアップ
  20201024-6

プロミネンスも撮影しましたが、まだ仕上げていません。出来次第アップロードしたいと思います。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:58 |  太陽Hα光 and 白色光 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年10月21日の太陽白色光画像

19日、20日の朝は霧が濃く、撮影出来ませんでした。21日の朝は良く晴れていましたので、出勤前にE-620の手持ちで黒点を狙って撮影しました。12776に出ている黒点は写りましたが、北西のリムの近くの白斑にくっつくように見えていた黒点はさすがに小さすぎるのか、フォーカスが合っていないのか、強拡大して、さらに無理な強調をして、やっとそれらしきモノが見え始める程度にしか写りませんでした。(写ったことにならないので、北西のリム近くの黒点の画像は省略します。)

  202010210830-1
 この画像はオリンパスのE-620+2倍テレコン+(50-200mmズームを200mmで使用)(レンズの合成焦点距離は35mm換算800mm)の手持ちで撮影した画像です。ISO=100 露出は1/800秒、レンズの合成F=7、AFで撮影しました。
 上の画像で、Aの矢印の先にある白斑に沿うような位置に黒点が出ていましたが、この画像では、残念ながら分かりませんね。
この部分を強拡大してコントラストを思いっきり上げれば、何か写っているような気はする程度にしか写りませんでした。(要するに写っていない。手持ち撮影の練習が、もっと必要と思います。)デジ一の手持ち撮影の限界か。なお、Bの矢印の先にある白斑は前の活動領域12773が戻ってきた領域付近に見えている白斑です。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:01 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年10月18日の太陽白色光画像

18日の京都は午前中、濃い霧で、午後から晴れてきましたが、私の家から見ていると、太陽がちょうど雲と青空の境目で、どちらかと言うと、殆ど雲が邪魔していたような状況でした。
今は、それなりの黒点が出ているのが分かっているので、、最初の1枚を撮影出来るまでは、ワンチャンスにかけて、E-620+2倍テレコン+50-200mmズームの手持ち撮影(35mm換算の焦点距離は最大で800mm相当!)で最初の1枚を撮影することにしました。結果は正解で、何とか撮影出来ました。

1.E-620の手持ち撮影による太陽全球画像
 (画像を差し替えました。)
  20201018-2

 この画像はトリミングしています。黒点は、何とか手持ちで写りましたが、以前慣れていた手持ち撮影も、コツ(ピント合わせとか、露出の設定とか・・・)を忘れてしまっていて、少し練習が必要なようです。しかし、この方法は時間の無いときなどに有効で、今後、練習してコツを思い出そうと思います。コツを思い出すのが早いか、毎日が日曜日になるのが早いか・・・・・太陽の活動状況次第です。

【以下追加しました。(19 Oct 2020 06:30)】 
 ところで、上の画像の矢印の先に辛うじて白斑が写っていますが、19日の朝(日本時間)SDOでこの白斑を見ると、なんと、そこそこの黒点が出現しています。黒点に気付いて、上の画像を見直すと、それらしき位置に白斑が辛うじて写っているのが分かりました。19日の朝、出勤前に、太陽が見えていたら、E-620の手持ちで撮影にトライしたいと思います。この白斑は、もしかして、活動領域12775の領域の一部として東側に広がっていた活動的な領域ではないかと思います。

 以下は18日に国際光器のSHARPSTAR60ED+ASI178MMで撮影した白色光画像です。雲がなかなかとれず、撮影はかなり苦戦しました。雲との距離が近かったからかどうか、シーングも非常に悪かったです。

2.全球画像
  20201018-3

 下の画像は、上の画像の南西のリム付近を拡大して切り出した画像です。白斑は矢印の先にあります。(殆どの画像はクリックすると拡大しますが、この画像は、クリックしても、これ以上拡大しません。)
  20201018-4

3.黒点付近のクローズアップ
  20201018-5
 シーングが悪かったからかどうか、酷い画像になってしまいました。(もう少し、細かい黒点が写るのを期待していた。)しかし、メインの黒点が写っているので良しとします。

  
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 16:33 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年10月14日の太陽Hα画像 その2

10月14日にZ103+QUARK+ASI178MMで撮影した画像です。
14日に見えるようになった活動領域12776に見えている黒点は久々に発達しているようですが、今日(17日)はあいにくの天気ですので見ることが出来ません。
ところで10月4日ごろまで見えていた活動領域12773は太陽の裏側で消えていないらしいと思いたくなる画像が公開されています。(例えばSDOのData → The Sun Nowで見える画像の一番下の画像など)この付近は次の日曜日(18日)の午後には地球から見える位置まで来そうです。天気予報では、京都は18日の午後から回復するようなことを言っていますので、どんなモノが見えてくるのか楽しみにしたいと思います

1.活動領域12774、12775付近のクローズアップ
  20201014-16

  20201014-17

2.活動領域12776付近のクローズアップ
  20201014-18

3.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20201014-19

  20201014-20

  20201014-21

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20201014-22

  20201014-23
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 07:34 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード