FC2ブログ

2020年5月24日の太陽Hα画像

本日も天気予報を裏切ってなかなか雲がとれませんでした。撮影を開始できたのは夕方になってからで、すぐに雲がちょうど太陽の方向に出て離れず、そのまま本日の撮影を終了しました。

1.北半休の活動的な領域のクローズアップ
  20200524-1

2.プロミネンスのクローズアップ
 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200524-2  20200524-3

 撮影していたときには北東のリムにもプロミネンスがぽつぽつと見えていたのですが、雲が太陽の方向から離れてくれず、結局撮影できたのは上の画像だけでした。

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:07 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年5月23日の太陽Hα画像

本日は、北西のリムのプロミネンスが目立っていました。
彩層面はプラージュまでは出来るけど、しっかりした黒点が出来るところまでは発達しないような状態が続いています。

1.活動的な領域3カ所のモザイク合成画像
  20200523-1
 画像中 AとCは5月17日に活動的な領域として見え始めた領域です。Bはその後現れたプラージュだけの領域です。

2.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200523-2  20200523-3

  20200523-4  20200523-5

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200523-6  20200523-7

  20200523-8  20200523-9

続きを読む »

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 22:24 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年5月21日の太陽Hα画像

21日に撮影した画像です。
21日はなかなか雲がとれず、撮影を始めたときに太陽はぼんやりとしていました。
しかし、そんな状況でも撮影すれば何とかなるものです。(思ったほど厳しいコンディションではなかったのかも知れません)

1.活動的な領域のそのG補の姿
 5月17日に見え始めた活動的な領域はその後も目立った黒点が発生することもなく、かといって消失するでもなく見え続けていますが、南の領域は少しおとろえはじめているかも知れません。

【北の活動的な領域のその後の姿】
  20200521-1

【南の活動的な領域のその後の姿】
  20200521-2

2.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200521-3
 さすがに、薄いとは言え雲を通して撮影したのでは、こんな画像しか得られませんでした。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 11:48 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年5月19日の太陽白色光画像

19日に撮影した太陽白色光画像です。
17日にHαで撮影した活動的な領域のうち、北半球にある領域にSDOの画像で見る限り、超微小黒点が2個並んで出ているように見えたので、夕方で雲が多くシーングも非常に悪かったのですが撮影してみました。

1.全球画像
  20200519-1

2.北の活動的な領域のクローズアップ
  20200519-2
 画像中の矢印の先あたりに超微小黒点があるのですが、分かり難いですね。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:25 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年5月17日の太陽Hα画像

17日(日曜)に撮影した画像です。
数日前からSTEREO Aheadの画像で見えていたN31あたりの活動的な領域が地球から見える位置まで来ました。その領域が見えるようになる直前にS24あたりに活動的な領域が突然現れ東のリムから出て来たように見えます。どちらの領域にも黒点が見えることを期待していたのですが、今のところプラージュだけの領域みたいです。しかし、どちらの領域も西のリムに沈むまでに黒点が現れることを期待したいと思います。

1.東のリムから出て来た活動的は領域
  20200517-1  20200517-2
 これら2枚の画像中の黄色の○の中に活動的な領域があります。どちらも太陽の新しい活動サイクル(25)に属する領域です。
最近、次の活動サイクルに属していそうな活動的な領域が出現するようになりました。もしかして、太陽の活動は極小を超えたのかな??

2.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200517-3  20200517-4
 上の左の画像中のAで示した付近にサージと思えるものが写っています。特に、南側のサージらしきものは右の画像でも見えていて、活動的な領域由来のものではないかと期待してしまいます。

  20200517-5  20200517-6
  上の左の画像にもサージらしきものが写っています。

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200517-7  20200517-8

  20200517-9  20200517-10






テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 06:55 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード