FC2ブログ

2020年6月15日の見納め黒点と17日の太陽Hα画像

17日は良い天気でしたが、シーングが悪く、薄いムラのある雲がどんどん流れてきました。その雲のムラの間を狙って、Hα画像のみ撮影出来ました。(黒点はなかったので、白色光での撮影をするつもりは最初からなかった)

その前に、6月15日に撮影した西没少し前の黒点の画像を掲載します。15日は、とにかく撮影だけはしようと思って晴れ間を待っていたら夕方になってしまい、シーングも酷かったのですが、何とか黒点が分かる画像に仕上がりました。

1.西没前の黒点(6月15日に撮影)
  20200615-1
黄色い矢印の先に黒点が写っていますが、分かり難いですね。 
全球画像では黒点があまりに分かり難いので、黒点を含む南西部分をクローズアップした画像を下に掲載します。この画像中の黄色い矢印の先に黒点が写っていますが、これで見納めとなりました。
 下の画像は黒点を見えるようにするために、Deconvolution (Lucu-Richardson) をかけています。この処理をする前は、何か影らしきモノが写っているような画像でしたから、効果は抜群でした。Deconvolution (Lucu-Richardson)は以前から試しているのですが、効果のあるときと、全く効果が無い(パラメータを合わせ切れていないだけかも)ときがあります。
  20200615-2

2.プロミネンスのクローズアップ(6月17日に撮影)
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200617-1  20200617-2
 左の画像中の黄色い矢印の先には、何か飛び出した薄い小さなモノが写っています。撮影中に何かあるのに気付いたのですが、とにかく、メチャメチャ淡かったです。

  20200617-3  20200617-4

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200617-5  20200617-6

  20200617-7  20200617-9



テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 17:33 |  太陽Hα光 and 白色光 画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年6月7日の太陽黒点とHα画像

 7日は良く晴れました。シーングはあまり良くなかったのですが、邪魔な雲も全くなかったので、最近気になっていた QUARKの波長のチューニングの確認が多少出来ました。やはり、以前調べた結果はそれほど間違っておらず、今回もほぼ同じ結論が得られたと思っています。

1.太陽の全球白色光画像
  20200607-1
 国際光器のSHARPSTAR60EDのLV25mmを付け、カメラはASI178MMを使ってアイピースプロジェクションで撮影しました。減光はバーダーのAstroSolar Safety Film (OD=5.0)を使っています。私の所有している機材で太陽の全球画像をモザイク合成を前提とせず一発で撮影するには正解の組み合わせの一つみたいです。画面の短辺方向にいっぱいに太陽の全球を写すことがきます。なお、カメラは付属のノーズピースを付けてLV25mmにギリギリまで近づけています。

2.黒点付近のクローズアップ
  20200607-2
 全球画像を撮影した光学系からアイピースをMeade SWA13.8mmに変えて撮影しました。
 かなり頑張ったのですが、シーングが悪すぎて(撮影中PC画面で細かい黒点がちらちらとしか見えない状態)これ以上どうにもなりませんでした。

3.活動領域12765付近のクローズアップ
  20200607-3
 SHARPSTAR60ED+QUARK+ASI178MMで撮影しました。
 Z103で12765付近を撮影すると下のような画像が得られます。
  20200607-6

4.12764の7日の姿
  20200607-4

5.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200607-5
 上の画像はSHARPSTAR60EDで撮影した画像です。
 何か飛んでいるものが写っています。

  20200607-7
 この画像はZ103で撮影しました。
 SHARPSTAR60EDで撮影した画像に写っていた「飛んでいるもの」は消えています。

 7日の撮影時に見えてたプロミネンスは他にもありましたが、細かすぎなのかシーングが悪すぎたのが原因か分かりませんが、とにかく画になりませんでした。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 07:38 |  太陽Hα光 and 白色光 画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年6月5日の太陽Hα・白色光画像

5日は、薄いとは言いたくないような雲が全天にかかっていて、何もなければ撮影はしないような天候でしたが、久々に黒点が見えているのがわかっていたので撮影の準備をして様子を見ることにしました。実際の雲にはムラがあり、流れるにつれてどんどんと濃度が変化していました。しばらく見ているうちに5~10秒程度は濃度むらのあまりない場所が通過することがあるのに気付きました。その濃度むらの少ないところを狙って(運を天に任せて)撮影して、なんとか白色光とHα光の撮影ができました。

1.久々の黒点
  20200605-1
 撮影データ:
  撮影時刻:画像中に記載
  望遠鏡ほか:国際光器SHARPSTAR60ED、MeadeのSWA(Super Wide Angle) 13.8mmによるアイピースプロジェクション
  カメラ:ASI178MM
  減光はBaaderPlanetarium のAsteo Solar Safety Film(OD=5の方)を使用

 その後、本日(6月6日)朝までに画像中の大きな黒点の左上付近に目立つ黒点が少なくとも2個出現しています。気象衛星の雲の可視画像を見ると本日は晴れ間を期待できそうにありません。明日以降の天候に期待したいと思います。
 黒点がある付近は活動領域番号として12765が付番されました。 Hα光で見ると下の画像のように見えていました。
  20200605-2
画像中矢印Aの先にはダークフィラメントが写っています。もう少し濃く写ってほしいのですが。そのほか、そのダークフィラメントと12765の丁度中間点付近にもダークフィラメントがあるのですが、この画像を見ても、メチャわかりにくいですね。
 
2.活動領域12764付近のクローズアップ
  2020605-3

3.番号は付いていないが活動的に見える領域のクローズアップ
  20200605-4
 矢印の先は、東のリムから出てきたばかりの活動的に見える領域です。

  20200605-5
 今まで「番号は付いていないが活動的に見える南半球の領域」として画像を掲載していた領域です。西のリムが近づきました。

  20200605-6
 矢印の先(2カ所)は、太陽面の中央付近に見えていた活動的に見える領域です。

4.プロミネンスのクローズアップ
  気のせいか雲のせいかわかりませんけれど、撮影したタイミングで見えていたプロミネンスは北東のリムにあったものだけでした。
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200605-7
 この画像を見てわかるとおり、また干渉縞が見え始めました。再調整が必要と思いますが、いつできることやら。

5.クオークのチューニング
 クオークの中心波長が合っていないのではないかと思うようになりました。 クオークは温調によって中心波長を調整できて、その波長を設定するためのノブがついています。例えばノブを中央から時計回り方向に回してクリック感を2-3クリック感じるところまで回せばよいそうですが(これで中心波長が若干長波長側にシフトする)、そこで温度が安定になるまでの間(インジケータがグリーン点灯するまで)5~10分待つべしって書いてある。「CW方向に2~3クリック」にとらわれることなく広くポジションを探した結果、SHARPSTAR60ED(口径60mm、F=5.5)と組み合わせた場合、時計回りに4クリックが良さそうに思ったので、いつもそこに合わせているのですが、もう一度よいポジションを探そうと思います。なんせ、極小期の太陽面は、このような調整をするときに指標にできそうなものがほとんど見えていないので・・・・・。高分解能のモノクロメータがあればよいのですが、そんなものはありませんので。ノブの場所探しには時間がものすごくかかります。実際の画像を見ながら調整する場合には、安定して長時間晴れていないと無理です。
 昨年9月頃まで使っていたPSTの場合、実際に太陽の画像をPCの画面で見ながらエタロンの傾きを調整するノブをぐりっと回せば一瞬でわかります。(慣れてくると、必要時間はノブを回す0.数秒だけです。)簡易とは言えPSTの便利さにはあらためて感心です。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 11:00 |  太陽Hα光 and 白色光 画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード