FC2ブログ

2021年4月7日の太陽白色光画像とHα光画像

 7日は天気が良く、シーングも久しぶりに酷くなかった(3/5~4/5ぐらい)のですが、風が時折強く吹いていました。
 白色光で見た太陽は北東のリムから出て来た直後の活動的に見える領域に超微小な黒点が出ていましたが、上手く写りませんでした。北西のリム近くには西没直前の活動領域12813が見えていましたが、黒点は消えていました。Hαでは北東のリムに見栄えのするプロミネンスが見えていました。
 今回は白色光で撮影した画像と、Hαで撮影した画像の中から選んだ目立つものが写っている画像をアップロードしたいと思います。Hαで撮影した残りの画像は後日アップロードしたいと思います。

1.全球白色光画像
  20210407-1
 上の画像中の北東のリム付近の○の中には白斑が見えています。撮影時には南側(下側)の白斑の中に微小な黒点があったはずなのですが、何も写っていません。

2.白斑付近のクローズアップ
  20210407-2  20210407-3
 左の画像を見ると、白斑は南北2つのグループに分かれそうです。(SDOのHMI magnetogram画像でも分かります。)

3.北東のリム近くの白斑付近をHαで見ると・・・
  202104075
 この画像中に、微小黒点と思えるものが写っていました。下の画像中に、上の画像に写っていると思う微小黒点を矢印で指し示しました。
  20210407-4

4.プロミネンス
 北東のリムに見えていた見栄えのするプロミネンスです。
  20210407-6
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 06:29 |  太陽Hα光 and 白色光 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2021年2月19日の太陽白色光画像とHα光画像

19日に撮影した太陽の白色光画像とHα画像です。ここでアップロードする画像の撮影は、全て、ASI178MM+SHARPSTAR60EDで行っています。白色光画像はその構成にLV25mmを付けたアイピースプロジェクションで、Hα光画像は、LV25mmをQuark(プロミネンスモデル)に変えて撮影した画像です。Z103でも撮影しましたが、シーングが悪すぎて、まともな画になるかどうか微妙です。仕上げることが出来たら、後日アップロードしたいと思います。
19日は北東のリムから新しい活動的な領域(その後、活動領域12803となる)が地球から見えるようになり、北西のリム近くにあった活動領域12802付近に見えていた黒点群は、消えかけながらも、微小黒点として、まだ、辛うじて見えていました。

【白色光画像】
1.全球白色光画像
  20210219-1
 北東のリムの近くに白斑と黒点(矢印の先)が見えています。この付近は、その後、活動領域12803と付番されました。
 北西のリム近くの活動領域12802付近にも微小黒点が見えていました。

【Hα光画像】
1.北東のリムから出て来た活動的な領域
  20210219-2
 この領域は、その後、活動領域12803として付番されました。

2.活動領域12802付近のクローズアップ
  20210219-3

3.南半球のモザイク合成画像
  20210219-4
 3枚の画像を合成しています。
 一時、活動領域が並んでいた南半球も、いまは、こんな状態です。

4.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20210219-5  20210219-6

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20210219-7  20210219-8




テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 05:47 |  太陽Hα光 and 白色光 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2021年1月28日の太陽白色光画像とHα光画像

 28日に撮影した画像です。28日には北半球に活動領域12800が現れ、その付近に黒点も見えましたが、1月18日(又は17日)から見えていた動領域12797付近の黒点は、ついに見えなくなったと思います。SDO の画像を見ると、パラパラと言った感じで極小の黒点が数個見えていましたが、60mmの屈折では写らず、その後、SDO の画像でも見えなくなったので、活動領域12797付近に見えていた黒点は消えたと言って良いと思います。
 28日は雲が多く、雲の隙間からどうにか3枚だけ撮影出来ました。

【白色光】
1.活動領域12800付近に見えていた黒点
  20210128-1

2.活動領域12797, 12798付近の白斑
  20210128-2

【Hα光】
1.活動領域12800付近のクローズアップ
  20210128-3
 12800の東方向にも活動的に見える領域がありますが、今のところ、プラージュが目立ち、黒点が現れても短命な微小黒点しか現れず、まだ、活動領域番号は付いていません。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:12 |  太陽Hα光 and 白色光 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2021年1月21日の太陽白色光画像とHα光画像

 21日に撮影した画像です。白色光とHα光で撮影しました。

【白色光画像】
 SHARFPSTAR60EDを通してアイピースプロジェクションで撮影した画像です。カメラはASI178MMを使っています。
1.全球白色光画像
  20210121-1
 アイピースはLV25mmを使っています。

2.黒点付近のクローズアップ
  20210121-2
 アイピースはMeade SWA13.8mmを使っています。
 悪いシーングが原因か、細かい黒点が写りきっていません。60mm屈折と言えども、もう少し写ると思うのですが。

【Hα光画像】
1.活動領域12797、12798付近のクローズアップ
  20210121-3

 望遠鏡をZ103に変えて撮影した画像が下の画像です。
  20210121-6

2.活動領域102796付近のクローズアップ
  20210121-4

 望遠鏡をZ103に変えて撮影した画像が下の画像です。
  20210121-7

3.発達するのを期待している領域付近
  20210121-5
 発達するのではないかと期待している領域付近(円の中の小プラージュ)のクローズアップですが、21日13時(UT)ころに、矢印の先付近に黒点が出現しました。小さな黒点ですが双極性の群です。

 同じ領域をZ103で撮影した画像が下の画像です。
  20210121-8
 この画像には黒点が出現した付近は写っていません。

4.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20210121-9  20210121-10
 南東のリムに見えているプロミネンスをZ103で撮影したのが下の画像です。
 (シーングが悪かったのが原因か、あまり良い画像ではありません。)
  20210121-11

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20210121-13  20210121-14
 南西のリムに見えているプロミネンス付近をZ103で撮影した画像が下の画像です。
 (この画像も、シーングが悪かったのが原因か、あまり良い画像ではありません。)
  20210121-12



テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 17:26 |  太陽Hα光 and 白色光 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2021年1月20日の太陽白色光画像とHα光画像

 20日に撮影した太陽の白色光画像とHα光画像です。
 20日もシーングが悪かったのですが、撮影中に、時折シーングが落ち着くときが現れはじめました。落ち着くと言っても数秒から10秒程度落ち着いては元の酷い状態に戻り・・・を繰り返すようになりましたが、撮影の終わり頃にそうなりましたので、結局、酷いシーング状態での撮影はいつも通りです。

【白色光画像】
1.白色光全球画像
  20210120-1
 国際光器のSHARPSTAR60EDにLV25mmを付けたアイピースプロジェクションで撮影しました。カメラはASI178MMです。
 東のリムから出て来た黒点付近はかなり見やすくなりました。最初見え
た黒点の後に続く黒点が見えていますが、最初に見えた黒点付近は活動領域12797として付番されました。その後に続く黒点付近は12798と付番されたのですが、上の全球画像を撮影した時にはまだ付番されていませんでした。

2.黒点付近のクローズアップ
  20210120-2
 この画像を撮影した時には、まだシーングは落ち着いていませんでした。なんか、眠い画像に仕上がってしまいました。

【Hα光画像】
1.活動領域12797付近のクローズアップ
  20210120-3
 上の白色光画像と比較すると、ずいぶん雰囲気が違うのが分かると思います。
 12797付近に見えている黒点を追いかけるように出て来た黒点付近は活動領域12798と付番されていますが、この画像を撮影した時には、まだ付番されていませんでした。
 この付近をZ103を通して撮影すると下の画像のようになります。
  20210120-6
 撮影に使う望遠鏡の口径が60mmと100mmの違いを見てください。(画像の出来上がりに影響するシーング等の条件が異なるので、参考として見てください。)

2.活動領域12796付近のクローズアップ
  20210120-4
 黄色の破線で描いた楕円の付近が12796です。
 この付近をZ103で撮影すると下のようになります。
  20210120-7

3.発達するのを期待する領域
  20210120-5
 破線の円の中にある小規模なプラージュは、撮影後1日経ってもまだ見えており、発達すると活動領域番号が付くようになるかも知れません。(そろそろ北半球にも何か出るのを期待しましょう。)

4.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20210120-8  20210120-9

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20210120-10  20210120-11
 左の画像の赤道に近いあたりに写っている淡いプロミネンスをZ103で撮影すると下の画像のようになります。
  20210120-12
 南西のリムに見えているプロミネンス(右の画像)をZ103で撮影すると下の画像のようになります。
  20210120-13
 シーングが悪いとこんなにぼけた画像しか得られません。

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:59 |  太陽Hα光 and 白色光 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード