FC2ブログ

8月10日に撮影した蛾 その2

 8月10日に撮影したヤママユガについて、2つ前の記事の最後に「パッと見て右側はオスですが、左側にはメスの傾向が見えると思います。」と書きましたが、それは、全体を写した写真を見て、左右の触覚の見かけの違い、左右の前翅の見かけの大きさの違いが理由です。以下に、それを確かめてみました。

【ヤママユガの全体画像】
  20220824-6 ヤママユガ
 この画像を見ると、左右の触覚を比べて、右の触覚のふさふさ具合が左の触覚より、かなり、勝っているように見えます。さらに、左右の前翅を見ると、左側の前翅が右側の前翅より小さく見えます。
 触覚の違いは見ての通りだと思います。そこで、左右の前翅の大きさについて、Photoshop CCを使って大きさを比べてみることにしました。

【左側前翅の切り出し】
  20220826-1

【①右側前翅の切り出し】
  20220826-2

【②左側前翅を左右反転し、CCW方向に18度回転、明るさ調整】
  20220826-3

【①に②を重ねる】
  20220826-4

 意外にも、左右の前翅の大きさの違いはごく僅かでした。全体画像を見ると、左右の前翅の大きさがかなり違って見えるのですが、目の錯覚みたいです。
 もし、左側の前翅が右側の前翅に比べてはっきり小さいと、左右の触覚の違いと合わせて、左側が♀、右側が♂の可能性が高くなると思うのですが、どうも、そうではなさそうです。
by akita  at 06:38 |  昆虫 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

8月10日に撮影した蛾 その1

 8月10日、山陽自動車道下り線瀬戸PAの男子トイレの内外の壁にとまっていた蛾です。全てiphone8で撮影し、iMazingを通してPCに吸い上げた画像をPhotoshop CCで調整、トリミング等した画像です。
 撮影は日中の午後の時間帯だったのですが、掃除が入る直前だったのか、多くの蛾が集まっていました。今回は、その1として、ヤママユガ以外の蛾について書きたいと思います。
 各蛾の名前は時間をかけて慎重に調べたつもりですが、間違っているかも知れません。間違いに気付かれた方は、どうぞ、ご指摘いただくようにお願いします。

1.アカヒゲドクガ
 ドクガ科のアカヒゲドクガです。
  20220824-1 アカヒゲドクガ
  リンゴドクガの♀に似ていますが、アカヒゲドクガだと思います。名前の由来にもなった赤い色の触覚は、残念ながら、見えていません。「ドクガ」と名前に付いていますが無毒だそうです。(人により違う可能性があるので、信用しないように。)こいつの幼虫はかなり大きく、超毛むくじゃらで触ろうと思う人は多くはいないと思います。アカヒゲドクガの幼虫がどんな姿をしているかは、ネットで検索して見てください。(要するに、私は、写真に撮ったことがないのです)ちなみに、リンゴドクガの幼虫は、過去に撮影したことが有り、下の写真のような姿をしています。(撮影は2010年11月7日で、カメラはNikon D300、撮影場所は当時の能登有料道路別所岳SA(撮影当時はPAだったかも)現在は通行料が無料の「のと里山街道」で別所岳SAは現在もあるみたいです)
  20220824-8

2.スジベニコケガ
 ヒトリガ科コケガ亜科のスジベニコケガです。見かけはサラサリンガに似ています。
  20220824-2 スジベニコケガ

3.ツマキシャチホコ
 シャチホコガ科のツマキシャチホコです。、もしかしたら、ムクツマキシャチホコかも。上が頭です。
  20220824-3 ツマキシャチホコ
 もっと近付いて撮影すれば、もう少し分かりやすかったと思うのですが、iphone8で撮影すると、撮影時にデジタルズームを使って拡大しても、このあたりが限界です。

4.モンクロシャチホコ
 シャチホコガ科のモンクロシャチホコです。下が頭です。
  20220824-5 モンクロシャチホコ


5.ヒメエグリバ
 ヤガ科ヒメエグリバだと思います。
  20220824-4 ヒメエグリバ
 この蛾の名前の同定には、非常に手こずりました。

6.ヤママユガ
 ヤママユガ科のヤママユガです。
  20220824-6 ヤママユガ
 パッと見て右側はオスですが、左側にはメスの傾向が見えると思います。そう言った意味で、珍しい個体かなと思います。それについては、もう少し書いたものを、後ほどアップロードしたいと思います。
by akita  at 06:37 |  昆虫 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

カメムシ2

 最近、ホソヘリカメムシが家の中に侵入していました。出窓の内側のカーテンに止まっているところに気付いて写真を撮りました。

  20220731-5

 足がカーテンの繊維に引っかかってもつれたようになっていますが、これでも、逃げ惑っている最中の写真です。このカメムシは、写真撮影後に家の外に出してやりました。
by akita  at 21:05 |  昆虫 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

カメムシ1

 最近、カメムシ注意報が出ているとかいないとか。それと関係しているとは思いませんが、岡山で撮影したキマダラカメムシの幼虫です。(キマダラカメムシは外来種です。最近数が増えているそうです。)

  20220731-2

 このカメムシの幼虫は、2018年の夏にも岡山で見つけました。(下の写真)

  20220731-3

 この個体は今年見つけた個体より、もっと、白っぽいものに覆われていました。今年撮影した個体よりさらに若い幼虫かなと思います。

 ちなみに、キマダラカメムシの成虫は下の写真のような姿をしています。

  20220731-4


 この写真に写っている個体は、最初、クサギカメムシの成虫と思っていたのですが、触角の色の薄い帯の数や顔の形などにより、キマダラカメムシの成虫と判断しました。(違っているかな?)

by akita  at 20:31 |  昆虫 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

イボタガ

 4月8日に撮影したイボタガの写真を掲載します。撮影はiphone8で行い、PCに取り込んで、少しトリミング、リサイズしました。写真に写っている個体は前翅を上げてフクロウの顔のような姿を見せていないので、危険を察知はしていないようです。(ご機嫌かどうかは分からない)
 イボタガは3月下旬から4月頃に見ることの出来る大型の蛾です。前翅を広げたときの幅は、Webで調べると、80-115mmだそうです。メチャデカいですね。
 インパクトのある姿で、実物にしろ、図鑑などに載っている写真や絵にしろ、一度見ると忘れることの出来ない蛾だと思います。
 私自身は、小学生の頃に図鑑で見て知っていましたが、生きている実物を見るのは、この写真を撮影したときが初めてでした。しかし、パッと見てイボタガと分かりました。
イボタガは個体数が徐々に減ってきているようで、大阪府では準絶滅危惧種になっているそうです。日本国内のその他の都道府県でも注目されていたり、絶滅に関連した何らかの指定を受けているケースがあるようです。しかし、私の経験では、そもそも、滅多に見ないんだけど。いるところにはいるんですかね。

  20220415-1

【撮影場所について】
 この写真は山陽自動車道下りの瀬戸PAの男子トイレの外壁に止まっているところを見つけて撮影しました。私は、個人的な理由で京都から岡山に車でよく移動するのですが、岡山の目的地に到着する前の最後の休憩を瀬戸PAですることにしています。この瀬戸PAは北側から山が迫っています。その山で多くの蛾が育っていて、その蛾がPAに飛んでくるのだろうと思います。1年を通して、なぜか、男子トイレの外壁に蛾がいるのをよく見かけます。そこで見かけた蛾は、出来るだけ写真に収めることにしています。1年を通してと書きましたが、厳寒期の1月や2月でも蛾をよく見かけます。しかし、今年の1月から2月は、なぜか、この場所で蛾を見ることはありませんでした。よほど寒かったのかなと思います。
 30年以上前約28年前(山陽道の備前<==>岡山間が開通したのは1993年12月だったですが、開通当初から山陽道を使っていました。開通するまでは備前・岡山間はハイウエーでないブルーハイウエイを通っていました。)から山陽道下りの瀬戸PAで蛾をはじめとする虫を見ているのですが、イボタガを見るのは、今回が初めてです。
by akita  at 19:51 |  昆虫 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(Quarkを通したときの合成f=1386mm)で撮影しています。空の状態によりますが、望遠鏡はWO社のZ103を使うこともあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード