FC2ブログ

2020年9月21日の太陽Hα画像 その2

Z103+QUARK+ASI178MMで21日に撮影した画像です。

1.何か出て来そうな雰囲気のある場所付近
 この場所から昨日はプラージュらしきモノは出て来たけど黒点は見えないと書きましたが、23日朝にSDOで確認すると、細かい黒点が数個見えていました。次に晴れるまで消えないでいてほしいと思います。
  20200921-10

2.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200921-17

  20200921-12

  20200921-11

  20200921-13
 どのプロミネンスもなかなか見応えがあると思います。

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200921-14
 このプロミネンスはごく短い時間見えていたプロミネンスです。

  20200921-15

  20200921-16



テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 06:20 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年9月21日の太陽Hα画像

今回の連休は、前半は岡山、後半は京都でした。今回は高速道路の車も多く、新名神の高槻・神戸JCT間が開通してから起こらなくなっていた渋滞が、久しぶりに新名神、中国道共に宝塚から西のあたりで発生していました。と言うことは、新型コロナで自粛が始まる前よりも高速道路の交通量が増えていることになります。実際、山陽道上り線の三木SAに夕方に立ち寄ったところ、車を止めることが出来ませんでしたが、こんな経験は、今まで一度もありません。観光シーズンの休日の最も混雑する時間帯も含めて、車を止めることが出来なかった(車を止めるスペースに空きが無かった)のは初めてです。これでは10月の上旬以降に、また、新型コロナの感染者数が激しく増加するかも知れません。
21日の太陽はHαで見る限り見栄えのしたプロミネンスが見えていたぐらいで、それ以外に特に目立ったものはありませんでした。その他、STEREO AHEADの画像やSDOの各画像ではN30付近の東のリムから何か出て来そうな雰囲気が伝わってきていて、その何かの先陣らしきものが見え始めていました。その何かのある付近は、本日(22日)には、とりあえず、プラージュ(白色光では白斑)が見える状態になっていますが、今のところ(日本時間で22日午前10時頃)、その付近に黒点は見えていないようです。
21日の撮影は、今回も、SHARPSTAR60ED+QUARKを使いましたが、その後で、Z103+QUARKでも撮影しました(カメラはASI178MMとASI1600MM)が、今回はSHARPSTAR60ED+QUARKで撮影した画像を掲載します。Z103で撮影した画像は、明日以降に出したいと思います。

1.何か出て来そうな雰囲気のある場所付近
  20200921-1
 撮影した時点では、矢印の先付近から何か出て来そうな雰囲気がありましたが、撮影してみると、特に何もありませんでした。ただ、その「何か」の先陣らしきものが見え始めているようでした。22日には、この付近からプラージュが出て来ていますが、黒点は、今のところ見えていないようです。

2.プロミネンスのクローズアップ
 国際光器のSHARPSTAR60ED+QUARK+ASI178MMで撮影したプロミネンスのクローズアップです。
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200921-2  20200921-5

  20200921-3  20200921-4
 
 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200921-6  20200921-7

  20200921-8  20200921-9


テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 10:38 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年9月8日の太陽Hα画像 その2

9月8日にZ103+QUARKで撮影した太陽Hα画像です。

1.活動的に見える領域
  20200908-12
 8月の終わり頃から見えていたこの領域は、ついに、黒点が現れないまま、西のリムに到達しました。

2.ダークフィラメント
 特に目立っていたダークフィラメントのクローズアップです。細かいダークフィラメントは他にもありました。

  20200908-13

  20200908-14

3.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200908-15

  20200908-16

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200908-17

  20200908-18

  20200908-19

  20200908-20

4.西のリム赤道付近に見えていたプロミネンス
  20200908-21
 薄く繊細な感じで見えていたプロミネンスは、激しく変化していました。
上の画像は、約5分50秒間の変化の様子です。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 05:58 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年9月8日の太陽Hα画像

 9月8日の太陽Hα画像です。
 8日は午後から快晴になりましたが、Hαで見た太陽面には目立ったモノはありませんでした。ただ、西のリムの赤道付近に繊細な、しかし薄いプロミネンスが多数見えていました。
 9月8日はSHARPSTAR60ED+QUARKとZ103+QUARKで撮影しましたが、今回はSHARPSTAR60ED+QUARKで撮影した画像を掲載し、Z103+QUARKで撮影した画像は後日掲載します。

1.活動的に見える領域
  20200908-1
 西のリムに掛かってきましたが、モザイク合成しなくても、1枚の画像に全体が入るようになりました。

2.ダークフィラメントの様子
 太陽活動が活発な時期に見えるダークフィラメントと比べると、薄いですね。もう少し、それらしく写ってほしいと思います。

  20200901-2

  20200908-3

3.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200908-4

  20200908-5

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200908-6  20200908-7

  20200908-8  20200908-9

  20200908-10  20200908-11
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 06:30 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年9月1日の太陽Hα画像

 朝うるさく泣いていたクマゼミが8月31日から突然静かになりました。9月に入って、関西では、どちらかというと珍しいミンミンゼミが鳴いるのが聞こえるようになりました。クマゼミが静かになったので、ミンミンゼミが鳴いているのが聞こえるようになったのだと思います。
太陽には、北東のリムに巨大なプロミネンスが出ていました。9月1日は撮影を始めたタイミングからお約束の雲が太陽の見えている方向に出現して、そのまま3時間近く太陽は見えないままでした。ようやく雲が薄くなって太陽は見えるようになったのですが、今度は薄い濃度ムラのある雲がどんどんと横切っていきます。シーングも非常に悪く、撮影はしたものの、スタック出来るものが少なく、スタック出来てもなかなか画になりませんでした。
 そんなわけで、何とか見える状態になった画像のみ掲載します。全て国際光器のSHARPSTAR60ED+QUARKで撮影したものです。

1.活動的に見える領域のモザイク合成画像
  20200901-1
3枚の画像を合成しました。

2.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200901-2  20200901-3

  20200901-4

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200901-5


テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 07:15 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード