FC2ブログ

2019年1月27日の太陽Hα画像と白色光画像

数日前から出ている黒点群は本日も健在でした。昨日は外出しなければならないことがあったので、観望のみでした。

14.活動領域12733付近のPSTによるクローズアップと白色光画像
  20190127-1  20190127-3
 左側がPSTによるHα画像、右側がSHARPSTAR60ED+MeadeSWA138(アイピースプロジェクション)による白色光画像です。白色光画像を見ると細かい黒点がたくさん出現していることが分かります。なかなか見事ですね。

2.今後期待したい領域のPSTによるクローズアップ
  20190127-2
 次に期待したい((活動領域になるところまで発達することを期待したい)領域のクローズアップです。

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 22:49 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2019年1月19日の太陽Hα画像

19日の太陽面は静かなままで、プロミネンスが若干見えていた程度です。 彩層面には撮影対象になりそうなものは何も見えていなかったので、本日はプロミネンスしか撮影していません。

1.プロミネンスのPSTによるクローズアップ画像

 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20190119-1  20190119-2

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20190119-3

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:13 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2019年1月5日の太陽Hαと白色光画像

1月2日から4日連続で撮影出来ました。シーングが非常に悪く、細かく薄いプロミネンスしか出ていなかったので、本日は、プロミネンスの撮影は諦めました。

1.活動領域12732のPSTによるクローズアップと白色光画像
  20190105-1
 この領域を白色光で撮影したものが下の画像ですが、シーングが悪すぎて、これが限界でした。
  20190105-2
 何とか黒点が写っているので良しとします。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:08 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2019年1月3日の太陽Hαと白色光画像

今日も黒点は消えずに見えています。

1.活動領域12732のPSTによるクローズアップと白色光画像
  20190103-1  20190103-2
 今日も黒点は消えずに見えています。

2.前の活動領域12729付近のクローズアップ
  20190103-3

3.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20190103-4  20190103-5

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20190103-6  20190103-7


昨日太陽の南半球に見えていた東西に長く連なるダークフィラメントは日本時間の今朝5時頃までに無くなったようです。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 17:03 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2019年1月2日の太陽Hαと白色光画像

 あけましておめでとうございます
 本年も、相変わらず今までと同じような画像を掲載するつもりですが、どうぞ、よろしくお願いいたします。
本日(1月2日)が今年の初撮影ですが、ラッキーなことに黒点が見えました。プロミネンスも、薄いながら、なかなかの規模のものが出ていて、新年早々、運が良いとしか言えません。宝くじでも買おうかな・・・

1.活動領域12732のPSTによるクローズアップと白色光画像
  20190102-1 20190102-2
 この領域には昨日から今日にかけて黒点が一気に出現しました。左のHα画像にも少なくとも3個目立つ黒点が写っていますが、右側の白色光画像をみると、さらに、細かな黒点がたくさん出ていることが分かります。ただ、シーングが非常に悪く、どちらの画像もピリッとしません。
 右の白色光画像は、SHARPSTAR60ED+ASI120MMで、プルーセル12.5mm(メーカーは不明です。20年ほど前に国際光器で購入したもので、たぶん台湾のS社のものと思います。蓋が黒い色のボール紙の箱に入っています。)を使ったアイピース・プロジェクション法で撮影しています。対物レンズの前にBAADER PLANETARIUMのAstroSolar-Safety Film を付けて減光しています。
この領域は、たぶん次の日曜日(6日)、部分日食のあるときに西のリムに沈みそうになっているはずですが、6日は、天気が悪そうで、肝心の太陽が見えるかどうか・・・。

2.前の活動領域12729付近のクローズアップ
  20190102-3
 たぶん前の活動領域12729付近と思う領域のクローズアップです。
前回(2018年12月24日)撮影した時に、地球から再び見えるようになっているのに気付きましたが、早いもので、まもなく西のリムに沈みます。

3.プロミネンスとダークフィラメントのクローズアップ
【長く連なったダークフィラメントとプロミネンスのクローズアップ】
 20190102-4
 3枚の画像をモザイク合成しました。

【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20190102-5
細かく薄いプロミネンスがたくさん見えています。

【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20190102-6  20190102-7
 南西のリムに見えていたプロミネンスはかなり大きなものです(上のモザイク合成画像とともに見てください)が、とにかく薄かったです。彩層面とプロミネンスが両方見える画像に仕上げるのに、ずいぶん手こずりました。




テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:11 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会と会員諸氏のHP、blogへのリンクです
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード