FC2ブログ

月面X, V(5月29日)

29日に撮影した月の画像を見ていて月面XとVが写っているのに気付きました。撮影中は全く気にしていませんでした。念のため予報を見ると、どうも月没に近付くと共に条件が良くなっていったようです。私の場合、22時台の前半に撮影した画像で撮影後に気付きました。21時50分台に撮影した画像にも写ってはいましたが、何も知らないと気付かないような写り方です。
 下の画像は6枚の画像のモザイク合成で作成した画像です。合成後オリジナルをトリミングしてJpeg化しただけの画像です。ファイルサイズは1.07MBあります。晴れの海の北東にある山から東に長~く伸びる影が印象的です。

  20200529-16
 撮影時刻は2020年5月29日22:28:10~22:32:57
 国際光器のSHARPSTAR60ED+Explore Scientificの3xバーロー+ASI178MMで撮影した6枚の画像をモザイク合成
 欠け際は、Xが分かりやすいように、かなり持ち上げました。
 
 ところで、太陽は昨日に北東のリム(N33~N35ぐらいの位置)から活発そうな領域が見え始めています。黒点も伴っているようですが晴れないので撮影出来ません。昨日はかなり粘ったのですが。。。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 15:57 |   |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

4月29日に撮影した画像から拡大撮影した画像を掲載します。
撮影はWilliamOptics Z103+Meade SWA13.8mmでのアイピースプロジェクションでカメラはASI178MMを使って撮影しました。

1.エウドクソス、アリストテレス付近のクローズアップ
  20200429-moon3
 画像の中央の少し上に写っている2つの大きなクレータの左側のクレータがエウドクソス、右側のクレータがアリストテレスです。

2.マウロリクス付近のクローズアップ
  20200429-moon4
 画像の中央の少し上の大きなクレータがマウロリクスです。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:51 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2020年4月29日に撮影した月

4月29日に撮影した月の画像です。

1.月齢6.4の月
  20200429-moon1
 撮影時の月齢:6.4
 カメラと光学系:ASI178MM+WilliamOptics Z103

2.神酒の海付近
  20200429-moon2
神酒の海付近のクローズアップです。
カメラと光学系:ASI178MM+WilliamOptics Z103+ExploreScientific3xBarlow
シーングがかなり悪かったのですが、何とかなりました。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:24 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

天気の悪いうちに4月下旬に撮影した月の画像を出したいと思います。

1.4月25日 月齢2.3の月
 細~い月です。撮影時の高度は12.115.2度だったみたいです。
 国際光器のSHARPSTAR60ED+Kasai2inch2xBarlow+ASI385MC-cool(冷やさないで使用) で撮影しました。
 カラー(RGB24)で撮影しているのですが、月の高度が低いからかどうか気持ち悪い黄色っぽい色に写っていたので、仕上げる時にモノクロに変換しました。この月より細い月を写したいのですが、西に山が迫っていることもあって、撮影時の高度を無視することはできないので、昼間にでも狙わない限り、さらに細い月を撮影することは無理だと思います。
  20200425-moon1

2.4月28日 月齢5.4
 撮影時の高度は24.527.6度だったみたいですが、上の細い月を撮ったときよりは、いらいらせずに撮影出来ました。
この月の撮影はWilliamOptics Z103+ASI178MM で撮影しています。
  20200428-moon2

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:16 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

月齢17.2(William Optics Z103のテスト)

 3月12日の朝、日の出の前後に西の空に見えていた月齢17.2の月を撮影しました。
撮影の目的は最近入手したWilliam OpticsのZ103 F6.9 ZenithStar Imaging APO のテストです。
まず、月の全体像は下の画像の通りです。無難な写りをしています。
  20200312-1
 撮影データは下記の通りです。
 2020年3月12日 06:11:48(JST)
 望遠鏡:William Optics Z103(f=710mm)の直焦点
 カメラ:ASI1600MM(MONO16で撮影)
 露出:0.005sec
 Gain:250(だったと思うがソフトのバグ?でGainは0と記録されている。)
 3月12日の撮影地(長岡京市)での日の出の時刻は6時11分でした。
 予想が外れて、夜が明けても、そこそこ写りました。デジタル万歳ですね。

 次に2枚の画像をモザイク合成したら・・・(本当はこの画像の方が先に撮影している。)
  20200312-2
撮影データは下記の通りです。
 2020年3月12日 06:03:19 と06:04:29に撮影した2枚の画像をモザイク合成。
 他は最初の画像と同じ。

 最後に危難の海の南側の欠け際に大きなクレーターが4個並んでいますが、その部分のクローズアップです。
  20200312-3
 危難の海はこの画像の左方向の写野外にあります。大きなクレーターは画像中左から右に向かって、ラングレヌス、フェンデリヌス、ペタヴィウス、フルネリウス だと思います。
 本当はこの画像が一番早い時刻(日の出の20分前)に撮影したものです。
 撮影データは以下の通りです。
 2020年3月12日 05:51:22(JST)
 望遠鏡:William Optics Z103+EXPLORE SCIENTIFICの3xバローの直焦点(合成焦点距離:2130mm)
 他は最初の画像と同じ。
 
この望遠鏡は、もう少しテストを続けたいと思います。最終的には太陽のHα画像と白色光画像の撮影に使うつもりで入手したのですが、他にも、太陽に向けてテストしたい鏡筒があるので、本当に太陽専用にするかどうかは分かりません。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 22:30 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード