FC2ブログ

11月19日の部分月食の続き

昨日アップロードした月食の続きです。
昨日の画像は「フォトショップでトーンカーブをきつく調整して電線を見えなくした」と書きましたが、電線を見えなくする前の画像の電線をより見やすくするように調整した画像が下の画像です。
  20211119-2
電線があるのは分かっていたものの、撮影時に電線が見えていたわけではなく、偶然、月食中の月とスバルが電線の隙間にうまく収まりました。

下の画像は上の画像を撮影した約10時間後に撮影した月の画像です。
  20211120-1
 ASI178MM+SharpStar60EDにLV25mmを付けてアイピースプロジェクションで撮影しました。まだまだ満月ですね。
by akita  at 06:59 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

月齢6.0の月

19日に月齢6.0の月を撮影しました。今回は、望遠鏡をSHARPSTAR60ED(f=330mm)とZ103(f=710mm)の両方で撮影し、写り方の違いを見てみました。カメラはASI178MCを使った直焦点撮影です。焦点距離が違う(SHARPSTAR60ED:f=330mmとZ103:f=710mm)ので、若干比較しにくいですが、ぱっと見の印象で、SHARPSTAR60EDは頑張っているなと言う印象です。

1.SHARPSTAR60EDで撮影した画像
  20210322-1

2.Z103で撮影した画像
  20210322-2

by akita  at 22:11 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

月齢4.0の月

 17日は日没後にようやく雲が消えて月が見えていたので、シーングは悪かったですが、久しぶりに月の撮影をしました。黄砂の影響が少し残っていたのか、できあがった画像を見ると何となく月が赤っぽい感じになりました。調整により、赤っぽさは消すことが出来ますが、今回はこのままにしておこうと思います。

   20210317-3
  望遠鏡:SHARPSTAR60ED
  カメラ:ASI178MC
  Gain:330 Gamma:50 Brightness:10
  露出:2.7ms/frame
  
  

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 10:02 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

月面X, V(5月29日)

29日に撮影した月の画像を見ていて月面XとVが写っているのに気付きました。撮影中は全く気にしていませんでした。念のため予報を見ると、どうも月没に近付くと共に条件が良くなっていったようです。私の場合、22時台の前半に撮影した画像で撮影後に気付きました。21時50分台に撮影した画像にも写ってはいましたが、何も知らないと気付かないような写り方です。
 下の画像は6枚の画像のモザイク合成で作成した画像です。合成後オリジナルをトリミングしてJpeg化しただけの画像です。ファイルサイズは1.07MBあります。晴れの海の北東にある山から東に長~く伸びる影が印象的です。

  20200529-16
 撮影時刻は2020年5月29日22:28:10~22:32:57
 国際光器のSHARPSTAR60ED+Explore Scientificの3xバーロー+ASI178MMで撮影した6枚の画像をモザイク合成
 欠け際は、Xが分かりやすいように、かなり持ち上げました。
 
 ところで、太陽は昨日に北東のリム(N33~N35ぐらいの位置)から活発そうな領域が見え始めています。黒点も伴っているようですが晴れないので撮影出来ません。昨日はかなり粘ったのですが。。。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 15:57 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

4月29日に撮影した画像から拡大撮影した画像を掲載します。
撮影はWilliamOptics Z103+Meade SWA13.8mmでのアイピースプロジェクションでカメラはASI178MMを使って撮影しました。

1.エウドクソス、アリストテレス付近のクローズアップ
  20200429-moon3
 画像の中央の少し上に写っている2つの大きなクレータの左側のクレータがエウドクソス、右側のクレータがアリストテレスです。

2.マウロリクス付近のクローズアップ
  20200429-moon4
 画像の中央の少し上の大きなクレータがマウロリクスです。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:51 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(Quarkを通したときの合成f=1386mm)で撮影しています。空の状態によりますが、望遠鏡はWO社のZ103を使うこともあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード