FC2ブログ

2020年5月14 日の太陽Hα画像

本日も良く晴れましたが,晴れは本日までです。
太陽は昨日の続きのようなプロミネンスが出ていましたが、黒点は全く現れません。
プロミネンスはしっかり濃いものが見えていたと思ったのですが、露出を調整して彩層面とプロミネンスを同時に写すことを狙って撮影しても、下の画像のように彩層面だけしか画になりません。太陽活動が活発だった頃に同じような撮影の仕方で撮影した画像は上手く調整すると彩層面とプロミネンスを同時に見えるように画像を調整できたのですが、それが、難しいとなると、思ったほど濃いプロミネンスは出ていないのでしょうね。あの手この手でプロミネンスと彩層面が両方とも見えるように調整を頑張ってみたのですが、本日の画像では出来ませんでした。

1.プロミネンスのクローズアップ
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20200514-0-9  20200514-0-10
 上の2枚の画像は撮影日、時刻の記入が間違っていましたので、修正したものと差し替えました。

  20200514-3  20200514-4

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20200514-5  20200514-6

  20200514-7  20200514-8






テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 21:12 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード