FC2ブログ

突然の侵入者

 6月7日にクオークのチューニング状態を調べるための撮影をしましたが、その最中に、突然飛行機が画面に飛び込んできました。PC画面で2回見えました。1回目は民航機(多分)で録画中で、2回目はF15(おそらく)でこちらの方は録画してません。(録画スタートのためマウスでクリックする直前でした。通過があと0.数秒遅かったら録画できてました。)
 クオークのチューニングノブをセンターからCCW方向に3クリック回したところの様子(波長の合い具合)を確認するための撮影中でした。

 民航機は20秒の録画時間の終わりに近い部分の数秒間に写っていて、通過とそれに続くもわもわとした排気(飛行機雲の元?)が拡散して消えたうように見えるまでが写っていました。この手の侵入者は、太陽の撮影をしているとよく経験すると思いますが、短時間に全く異なる機体が2回も見えるのは珍しいと思います。
 1回目の民航機らしい方はせっかく動画に撮影できたので、このページにアップしようと思いましたが、そのままではサイズが大きすぎるので別の方法を考えました。その結果YOUTUBEなどの定番はパスすることにして、今回はPIPPの機能を試すことにしました。結果、うまくいきました。
 PIPP (Planetary Imaging PreProcessor) は使われている方も多いと思います。私も、惑星・太陽・月など幅広く使用していますが、今回は出力形式でAnimated GIFが選べるのでこいつを試してみることにしました。(こいつを試して動画のサイズ縮小をしてみる)
まず、PIPPで元の動画の全てのフレームをTIF形式の静止画に変換して、その中から必要な部分の画像を選んでそれを全てPIPPの入力にして、全ての画像のサイズをVGAの640x480ピクセルに縮小(アップロードしたファイルを見るとフレームサイズが640x431ピクセルになっている。原因不明です。入力間違い?バグ?)して、出力フォーマットをAnimated GIFに指定して処理させると、ちゃんとできました。できあがったファイルのサイズは4.31MBです。これならこのページのアップロードの上限(有償プランの5MB/ファイル)を超えません。
 できあがったアニメーションGIFは下の画像です。(画像をクリックすると、アニメーションが表示されると思います。)

  20200610-1
  撮影日時:2020年6月7日16時1分56秒~(動画の撮影開始(16時1分42秒)の約14秒後から)
  望遠鏡など:国際光器SHARPSTAR60ED+QUARK
  カメラ:ASI178MM
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 12:58 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード