FC2ブログ

2020年8月4日の太陽白色光画像

本日は白色光での撮影を終わったところで雲が出て来て、夕方まで曇っているので白色光だけでの撮影で終わりました。
8月1日に白色光で撮影した画像を掲載した記事の画像中に矢印で示した領域が活動領域12769と付番された直後に、その領域を追うような位置でリムの向こう側に突然活動的な領域が現れました。昨日には地球から見えるようになり、黒点を伴っているのが分かりました。その後、その領域は12770と付番されました。12769と12770はCycle25に属していそうです。
STEREO AHEADの画像を見ると、S20ぐらいの緯度に後3日ほどで地球から見えるようになりそうな活動的な領域が見えていますが、地球から見えるまで活動的な状態を保ってくれるかどうか・・・。

1.全球白色光画像
  20200804-1
 この画像はSHARPSTAR60ED+LV25mm+ASI178MMによるアイピースプロジェクションで撮影しています。

2. 活動的な領域がある付近のクローズアップ
  20200804-2
 この画像では分かり難い(殆ど分からない)ですが12769には微小な黒点が残っています。また、12768は東の端が写野の中に入っていると思います。
 この画像はSHARPSTAR60ED+PL12.5mm+ASI178MMによるアイピースプロジェクションで撮影しています。

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 17:51 |  天文 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード