FC2ブログ

2020年10月14日の太陽白色光画像

 14日は良い天気でした。活動領域12775で暫く見えていた黒点は、辛うじて1個残っているのがギリギリ見えている状態でしたが、それ以外に、北西のリムに近いところに、13日から14日に日付が変わる頃に見え始めた白斑の中に黒点が少なくとも1個見えていました。また南東のリムから活動的な領域が出現し、大きくない黒点が見えています。南東のリムから出てきた黒点は暫く見えていそうです。
 14日はHαでも撮影しましたが、Hα画像は仕上げが出来ていないので、まずは白色光の画像をアップロードします。Hα画像は後日アップロードします。
 なお、白色光全球画像は、SHARPSTAR60ED+ASI178MM+LV25mmのアイピースプロジェクションで撮影し、拡大画像はLV25mmをPL12.5mm に交換して撮影したものです。

1.白色光全球画像
  20201014-1
 画像中の矢印の先に白斑が見えていますが、その中で、2、3、4の矢印の先の白斑の中には、小さな黒点があります。以下、そのクローズアップ画像です。

2.黒点を伴っている白斑付近のクローズアップ
  20201014-2
 活動領域12775の中に、消える直前の微小黒点があります。その黒点は矢印の先にあります。

  20201014-3
 上の画像の矢印の先に極小の黒点が見えています。

  20201014-4
 上の画像の矢印の先にある黒点は小さなモノですが、暫くは消えずに見えていそうです。また、SDOの画像で確認すると、白斑の中に、複数の細かな黒点が見えており、地球から見やすい位置まで来るのが楽しみです。

 こうして見ると、結構賑やかになってきました。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:21 |  太陽 white light 画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(f=1386mm)で撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード