FC2ブログ

2023年12月14日の太陽白色光画像

 12月14日の太陽白色光画像です。COOLPIX P950 f=2000mmの手持ちで撮影しました。撮影地は岡山市北区です。
 14日の夜に京都に戻りました。9月5日から事故に続く車両火災で通行止めになっていて修復工事をしていた山陽道下り線の尼子山トンネル(播磨ジャンクション・赤穂間)は15日に通行止めが解除されました。これで、次から岡山に向かって車で走る時間が読めるようになります。トンネルの復旧工事中は龍野西から備前まで迂回路として国道2号線を走っていて、少なくともⅠ時間は余分に時間がかかったと思いますが、私が走るときはいつも大渋滞で、実際にどれだけ時間が掛かるか全く読めない状態でした。余談ですが、、山陽道上り線の尼子山トンネル内のAMラジオの中継は14日夜に走ったときには復活していました。尼子山トンネルはAMラジオ放送の再放送設備の設置基準を満たしていないはずですが、9月5日以前には上下線共に尼子山トンネルの中ではAMラジオ放送が聞こえていたはずです。それが、9月5日の火災以後聞こえなくなっていたのが復活しました。どうも、上下線ともに、同じ設備でトンネル内の再放送をしていて、そのための設備が9月5日の火災で壊れたのだろうと思っていました。

1.全球白色光画像
  20231214-1  20231214-2

【13517, 13520, new1】
  20231214-3
 new1は消えたようです。

【13515, 13516, new2】
  20231214-4
 new2は、はっきりしないまま、16日昼頃(日本時間)までは消えずに残っているようです。

テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 14:21 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filters の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(Quarkを通したときの合成f=1386mm)で撮影しています。空の状態によりますが、望遠鏡はWO社のZ103を使うこともあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード