FC2ブログ

2022年5月6日の太陽白色光画像

 太陽面は変化が少ないと思ったので、とりあえず、手持ちのデジ一で白色光のみ撮影しました。結果としてシーングがかなり悪かったと思わざるを得ないような画像しか得られませんでした。撮影時の太陽高度は36.5度ほどありましたが、この程度の太陽高度の時に何度も撮影していて、シーングが問題になるような結果にならなかったことが多かったので、やはり、本日はシーングが悪かったのでしょうね。しかし、撮影時には気付かなかったのですが、本日の空は透明度が非常に良かったはずです。(いつもの適正な露出時間が1/800秒~1/1600秒程度なのに対して、本日の適正な露出時間は1/4000秒でした。もしかして、上空ではそれなりに風が吹いていて、透明度を落とす原因物質を吹き飛ばしてくれていたが、シーングも悪化していたのかも。

1.全球白色光画像
  20220506-9
 13006付近の黒点について、手持ち撮影と言えども、もう少し細かい黒点が写ってほしいのですが。
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 20:16 |  太陽 white light 画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(Quarkを通したときの合成f=1386mm)で撮影しています。空の状態によりますが、望遠鏡はWO社のZ103を使うこともあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード