FC2ブログ

2022年12月9日の太陽Hα画像

 久しぶりにHα光で太陽を撮影しました。前にこのページにアップロードしたのは11月18に撮影した画像で、11月19日にアップロードしています。11月19日以降もHα光で太陽を撮影しているのですが、シーングが酷すぎて画にならなかったりで、このページへの掲載を見合わせていました。下の画像は、全て、SHARPSTAR60ED(国際光器)+ASI178MM+Quark(prominence model)で撮影した画像です。

1.北半球に並んでいる活動領域
  20221209-2
 この画像は、3枚の画像をモザイク合成して作成しています。
 9日の撮影時、南半球には活動領域は2箇所(または3箇所)しかありませんでしたが、北半球には、緯度がN20°~N30°の間にこの画像のように多数の活動領域が並んでいました。この画像の縮小前の元画像を大きめのサイズのモニターで見ると、かなり壮観に見えます。

2.活動領域13153付近
  20221209-3
 この目立つ黒点群も西のリムに迫って来ました。全景が見えるのは来週の火曜日あたりまででしょうか。

3.活動領域13162付近
  20221209-4
 8日に撮影した白色光画像で、南東のリムから出て来たばかりの黒点が見えていましたが、1日経ってリムから離れてHα光でも分かりやすくなりました。

4.プロミネンス
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20221209-6  20221209-5

  20221209-8  20221209-7

  20221209-14  20221209-9

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20221209-11  20221209-10

  20221209-13  20221209-12





テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 10:30 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filers の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(Quarkを通したときの合成f=1386mm)で撮影しています。空の状態によりますが、望遠鏡はWO社のZ103を使うこともあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード