FC2ブログ

2023年9月16日の太陽Hα画像 - Z103 -

 9月16日に、ASI178MM+Z103+Quarkで撮影した太陽Hα画像です。

1.13429付近で発生したフレア
 15時38分頃にM3.4のピークになった9分後からの画像です。一つ前の投稿で画像を1枚だけ(最初の画像だけ)出しましたが、ここでは、他の画像もアップロードしようと思います。最初の画像は前回アップロードした画像と同じです。以下【】の中は撮影時刻(UT)です。

【05:47:25】
  20230916-6

【05:54:20】
  20230916-7

【06:00:10】
  20230916-8

【06:11:31】
  20230916-9

【06:20:33】
  20230916-10

【06:32:29】
  20230916-11
 以上のフレアの画像には、最初から最後までポストフレアループが写っています。細く短いダークフィラメントとして見えているのがそれで、約1時間の間の変化の過程も見ることが出来ます。

2.活動領域13423, 13425付近
  20230916-12

4.活動領域13430付近
  20230916-13

5.13430の東にあった活動的な領域
  20230916-14
 この領域は、上の画像で分かるとおり、16日の時点では微小な黒点を伴っていたのですが、その後、消えてしまいました。

6.活動領域13429、13434付近
  20230916-15

7.活動領域13433付近
  20230916-16

8.東北東のリムから出て来た直後の活動的な領域
  20230916-17
 16日に撮影した画像でnew2で示した黒点を伴った領域付近をHαで見ると上の画像のような見え方をしています。上の画像中に描き込んだ矢印の先付近に、16日に撮影した白色光画像中にnew2で示した黒点を伴った領域が見えています。

9.プロミネンス
 【東のリムに見えていたプロミネンス】
  20230916-18  20230916-19

  20230916-20  20230916-21
 右の画像は、左の画像中で矢印の先に見えているものを強調し見やすくしたつもりのものです。(思った歩ほど見やすくなっていません。悪しからず。)

  20230916-21  20230916-22

 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20230916-25  20230916-26

  20230916-23  20230916-24

  20230916-27  20230916-28
 上の2枚の画像は、それぞれ2枚の元画像をモザイク合成した画像です。


テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 11:04 |  太陽Hα画像 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。
2019年9月まではCORONADO PSTを使い、2019年10月からはDay Star Filters の
Original Quark (Prominence Model)+ASI120MMs
+SHARPSTAR60ED の直焦(Quarkを通したときの合成f=1386mm)で撮影しています。空の状態によりますが、望遠鏡はWO社のZ103を使うこともあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード