FC2ブログ

2018年11月17日の太陽Hα画像と11月11日の火星

久しぶりに撮影しました。

1.活動領域12726、12727付近のPSTによるクローズアップです。
  20181117-1
12726は昨日まで微小な黒点があったと思います。12727付近には昨日から黒点が見えており、本日も、しっかり見えていました。上の画像でも、少なくとも1個の微小な黒点が12727付近に移っていると思います。白色光でも撮影したかったのですが、雲が離れずあきらめました。

2.プロミネンスのクローズアップ
 【西のリムに見えていたプロミネンス】
  20181117-2
 本日撮影したプロミネンスは、上の1枚のみですが、これ以外に、少なくとも、南東のリムにループ状のプロミネンスが1カ所、西のリムに2カ所(西のリムには計3カ所)が見えていました。

3.2018年11月11日の火星
 11月11日は山城天文同好会の総会のあった日でした。総会後に、軽く夕食をとって、宇治天体精機にお邪魔しました。そこで、待っていたのは22cmアクロマート屈折(f=2760mmだったと思う。)と40cmカセグレイン(ドールカーカム?)私は、持って行っていたASI385MC-coolを22cm屈折に付けて火星を撮影しました。40cmでも撮影出来るはずでしたが、40cmが空いたときには撮影用のPCがバッテリー切れで、ACアダプターも何も持って行っていなかったので、今回は40cmでの撮影は諦めました。
 下の2枚の画像は撮影時のピント位置を微妙に変えたもので、出来上がりの色合いが全く違います。アクロマートなので仕方ないか)(方向を修正して画像を差し替えました。大シルチスがよく見えていると思っています。また、てかっと光っているように写っている場所は、もしかしてヘラス盆地ではないかと思います。)
  20181117-3  20181117-4

 このときの火星の見かけの視直径は10.9秒(ステラナビゲータによる)であることを思うと、非常によく写っていると思います。この屈折のレンズは素晴らしいの一言です。
 以下、撮影ほかのデータです。
撮影時刻は左の画像:2018年11月11日19:42:46~
 右の画像:2018年11月11日19:33:32~
以下共通データ:
露出時間2.5msec/frameで1500フレーム撮影
カメラ:ASI385MC-cool(いわゆる冷やし中華の1種です)を冷やさないで使用
望遠鏡:宇治天体精機製22cmアクロマート f=2760mm(?)
カメラのGain :110
撮影時のColour Space:RGB24
ROIを切って800x800のサイズでキャプチャ
撮影に使用したソフト:SharpCap3.1
スタックはベストフレームの33%をAutoStakkert3.0.14 x64でスタック
PhotoshopCC2018で全体を400%に拡大後に回転、トリミングなど
テーマ: 星・宇宙 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by akita  at 23:13 |  太陽Hα画像 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

今晩は~(^_^)
あっ、40cm長々と独り占めして申しわけありませんでした。
わたひの画像もヘラス盆地がテカテカと光っていて、
画像処理をすると更に強調されるため最小限に抑えました。
極軸が少しずれていたようで2000フレーム撮影するのが限界でした。
次回の火星接近時にまた40cm使わせてほしいですね。
by かひちやう 2018/11/19 23:29  URL [ 編集 ]

Re: No title

こんばんは~

> あっ、40cm長々と独り占めして申しわけありませんでした。
いえいえ、どういたしまして。私の場合USBカメラのインターフェースがUSB3になっているものを使うと、気のせいかPCのバッテリーが早く無くなってしまう気がします。(PCの電源の設定で、パフォーマンスを最大、フルパワーにするのも良くないですね)特に、冷やし中華は冷やしていなくても顕著です。なので、仮に、私が40cmを最初から使っていても、撮影条件を探っているうちにバッテリー切れになっていたのは間違いなく、結局何も撮影出来ていなかったと思います。ACアダプターを持って行かなかったのが悪いので、次回は、ACアダプター、大容量モバイルバッテリーなどを持参したいと思います。撮影に使っているPCが、所謂Ultra Bookで、バッテリーが交換できないのも困ったものです。

それにしても、さすが、大口径ですね。明るさが違います。
by akita 2018/11/20 21:50  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

akita

Author:akita
主として太陽のHα画像を掲載します。休日に撮影し、時間のあるときに仕上げたものを掲載しますので、速報性は期待しないでください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

以下は山城天文同好会の会員諸氏のHP、blogへのリンクです
アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード